目(眼)の知識と二重(ふたえ)まぶた

目(眼)の知識と二重(ふたえ)まぶた

目(眼)は口ほどにものをいいます。目の動きひとつでいろんなことを表現してしまうという意味ですが、目は人にとって非常に需要な器官です。

 

外からの情報を得るのはもちろんのこと、自分の内面を表すのに欠かすことのできないものです。

 

目を酷使する現代生活の中では、目のトラブルも増えていますので、目に対する知識をつけて、目の病気にかからないように注意するとともに、大切に守っていきたいものです。

目(眼)の知識と二重(ふたえ)まぶた記事一覧

目(眼)の働きと特徴

目は外部の情報をいち早く察知する感覚器官で、両方の目で見たものを瞬時に認識することができます。まつ毛やまぶたで眼球を保護し、常時適度な湿り気を保ちつつほこりなどの侵入を防いでいます。ものを見るときは水晶体が厚さをかえて、視点をあわせますが、網膜にピントが合っている正視のほかは、屈折異常といわれていま...

≫続きを読む

二重まぶたの原理

二重まぶたには、平行型二重、末広型二重、奥二重の三種類がありますが、二重まぶたになるのはそもそもどうしてでしょうか。二重まぶたとは、まぶたを開いているときに、上まぶたのふちに溝ができて、二重になっているように見える状態をいいます。上まぶたがもち上がったときに、その溝ができるには、まぶたの裏側にある眼...

≫続きを読む