二重まぶたの種類

二重まぶたの種類

二重まぶたには、平行型二重、末広型二重、奥二重の主に三種類があります。

 

「平行型二重まぶた」は、二重の線が目頭から目尻まで、はっきりと平行に出ているもので、目頭がわの二重の始まり部分が目頭から出ないで離れています。二重のラインがアイラインと平行とうことですね。
有名人でいうと浜崎あゆみさん、深田恭子さん、米倉涼子さん、長谷川京子さんがこのタイプでしょう。平行型二重まぶたは欧米人にとても多く見受けられます。
女性が一番あこがれるのも、この平行型二重まぶただといわれています。
ぱっちりと大きい目の印象がいちばんあるからかもしれません。

 

「末広型二重まぶた」は、目頭がわの二重の始まりが目頭から出ているかつながっていて、目尻にいくに従ってしぜんに二重の幅が広くっていくまぶたです。
有名人でいうと綾瀬はるかさん、上戸 彩さん、松たか子さん、優香さんが末広型の二重まぶたです。
日本人はこちらのタイプが多いようです。

 

 

「奥二重まぶた」は、二重のラインがあるにもかかわらず、目を開いたときにそのラインが見えないもので、一重まぶたに間違えられやすいです。
奥二重まぶたは、まつ毛にまぶたが重なっているように見えるので、まつ毛の根元が見えにくく、まつ毛が短く感じられます。目尻に二重のラインが残ることもあるので、その場合は奥二重だとわかりやすいです。

 

奥二重まぶたは一重まぶたに間違えられやすいようですが、はっきりとした二重まぶたになりたいと思っている人であれば、一重に間違われることを嫌いますので、女性の場合は一重か二重かにあまりつっこんだ話しはさけた方がいいでしょう。

 

いずれにしても女性は特に、二重まぶたそれも平行型二重に憧れるようです。やはり大きくてぱっちりとした目が、かわいらしく見えるからでしょう。