一重まぶたの特徴

一重まぶたの特徴

一重まぶたは、上まぶたのに脂肪のつきがよく、厚みがあってふっくらとしているのが特徴です。これはモンゴロイドと呼ばれる日本人をはじめとする黄色人種に共通の特徴で、目頭が皮膚でおおわれる蒙古ひだとよばれるまぶたが特徴です。
目が小さく見えるようなので、最近の日本人女性では一重まぶたを嫌う人もあるようですが、昔は一重の小さな目の持ち主が美人とされていた時代もありました。

 

欧米の人種は、コーカソイドと呼ばれ、大きな目とはっきりとした二重が特徴で、一重まぶたのモンゴロイド系の人とは遺伝子が違います。
欧米人は一重まぶたをエキゾチックと考える人も多く、特に悪い印象は持っていないようで、それぞれのよさを認めていけばいいと思います。