二重の整形手術は二重を定着させることができない?!

二重の整形手術は二重を定着させることができない?!

二重まぶたにする手術には埋没法と切開法があるのはご存知ですか。
埋没法は糸を使って、1点から2点まぶたを留めて二重を作る方法で、切開法はまぶたの上の脂肪を取り除いてメスの痕を二重のラインにしてしまうという方法です。

 

手術いよる二重は永久に定着するといわれていますが、強制的に皮膚に傷を付けラインを作り出すとわけで、年齢がいくとたるんで違和感のあるまぶたになってくるそうです。

 

また手術後のアフターケアは十分にされることがほとんどないので、まぶたがめくれ上がった状態になってしまったり、眼瞼下垂などの眼病に悩むことになる人もあるそうです。

 

もし何か変化があったとしても、手術して何年もたってからでは、対処してくれないこともあるのでしょうね。何年もすると原因が手術だけとはいえなくなってしまうからでしょうか。

 

もしそうなってしまっても、泣き寝入りする人がほとんどだとう実態なのだそうです。どうしてそうなってしまうのでしょうね。

 

整形手術ってずっと二重でいられるとばかり思っていましたけど、どうも違うようなんです。