二重になれない原因は遺伝や体質というのは本当か?

二重になれない原因は遺伝や体質というのは本当か?

遺伝によって一重か二重かの確立はおよそわかってきますが、一重だからといってあきらめることはないようです。
赤ちゃんの場合はたいていが一重まぶた。成長するに従って、幼児期から青年期にかけて二重になっていくこともよくあります。

 

両親とも二重まぶたの場合ですと、一重まぶたの子供が生まれる可能性はありますが、一重まぶたの両親から二重まぶたの子供は生まれないとされています。両親が一重なのに、整形手術で二重になった場合などは、整形したんだとわかってしまうと思った方がよいみたいです。

 

一重まぶたの人は、二重まぶたにあこがれることもあるようですが、あまり重たい一重でない限りは、まずは自分の特徴としてとらえてみるのはどうでしょう。男性の場合なら一重の人は忍耐力があって意思が強そうと感じる人も多いものです。

 

一重まぶただからといって特に不利なことはないですし、美的感覚や好みの点で自分の目が二重まぶただったらよかったのに、と考える人は少なくないようなので、これからの人生をどんな自分でいたいかによって、考え方は随分と違うものになるのでしょう。

二重になれない原因は遺伝や体質というのは本当か?関連エントリー

人を見るときの第一印象での目の役割
一重まぶたと二重まぶた形成の人類の歴史