アイラインで目を大きく見せる

アイラインで目を大きく見せる

アイラインは、目のふちにそって目のラインを強調するためのもので、アイラインをきれいにひくことで、目の印象は随分と違ったものになってきます。

 

ジェルやリキッドなどの筆で書くアイライナーと、ペンシル型のアイライナーがあって、初心者にはペンシル型の方が使いやすいと思います。
またペンシル型は修正がききやすいので、最初のうちは目尻から中央に向かって点をつけるようにしてそれをつないでいくと書きやすいです。
慣れてきたら1、2ミリずつ書き足すようにつなげて書いていくと素早く書けるようになるでしょう。
目尻から中央のつぎに目頭から中央にとつなげ、目尻の最後をやや上向きに書き足していきます。
最後は目の下を目尻から中央に向かって書くといいと思います。
いずれもペンシルを持たない方の手で、目の横の皮膚を吊り上げるようにして引張り気味にすると、まぶたの皮膚が伸びて書きやすいです。

 

アイラインをあまりきつくしたくないときは、目頭から中央へのラインは書かなくてもいいと思います。これは好みの問題なので、ご自分のお顔と好みによって書き分けてください。

 

刷毛や筆で引くタイプのアイラインは、修正がききにくいですし、刷毛先の微妙な感覚が難しいのですが、慣れればこちらの方が素早く引けるようになるでしょう。
刷毛の場合もラインの入れ方は同じです。
アイラインをいれることによって、目を大きくみせることができ、目尻の数ミリの線を引くことで切れ長の目を演出したりもできますので、練習して自分にあったアイラインの引き方を見つけてみてください。