糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症

糖尿病によって引き起こされる、網膜の障害による病気を糖尿病性網膜症といいます。
糖尿病になったら、合併症が危険です。糖尿病の合併症には、腎症、神経障害、網膜症があり、どれもとても思い障害となる危険があります。
糖尿病によって引き起こされる、網膜の障害による病気を糖尿病性網膜症といいます。
糖尿病になったら、合併症が危険です。糖尿病の合併症には、腎症、神経障害、網膜症があり、どれもとても思い障害となる危険があります。

 

血糖値が高い状態が続くことで、網膜の細い血管が詰まってしまい、酸素を運搬できなくなるため新たな血管ができるのですが、もろくて壊れやすいために網膜で出血を起こしてしまいます。

 

こうなると視野の一部に墨を流したような黒い陰ができるようになったり、ものがぶれて見えるようになるなどして、気づくことが多いようです。
中期の進行までは気づかないようなので、糖尿病の治療をする際に、この網膜症が併発していないかどうかの検査を受けていくといいでしょう。

 

血糖値を上げないことが何よりの治療になるので、食事は指示されたとおりにすすめ、軽い運動を継続すること、早めの眼科の検査を受けることなどを心がけるようにしたいものです。

 

糖尿病性網膜症が悪化して手術が必要になった場合は、レーザーによって酸素不足になった細胞を焼き減らす治療、末期になった場合は、硝子体手術を受けることになります。

 

手術になると所要時間は数時間に及ぶこともあり、入院期間も1週間〜1ヶ月程度要することもあるようです。
治療にかかるのが遅れると、最悪失明という怖い病気ですから、とにかく早期発見がのぞまれます。