その他の目の病気(結膜炎・ものもらい)

その他の目の病気(結膜炎・ものもらい)

結膜炎は子供のころにもよくかかり、昔からよく知られています。
白目の表面の膜である結膜が充血したり目やにが多くなったりという症状が一般的です。

 

結膜炎には人に感染するものと、感染しないものがあります。
感染する結膜炎には、抗生物質などの点眼薬を行い、アレルギーによる結膜炎は、抗アレルギー薬、ステロイド薬などの点眼剤が使われます。

 

学校のプールなどで感染性の結膜炎にかかることが多く、感染を防ぐ必要があるので、家族内でもタオルを別にする、お風呂は最後にする、手をよく洗うなどして感染を防ぎます。集団生活をしているとしらぬまにうつされるのはよくあることです。また人にしらぬまにうつしているのかもしれませんので、誰かをせめるわけにもいきませんが。

 

ものもらいは、ブドウ球菌や連鎖球菌の細菌感染によって、まぶたに異物感がしたり、まぶたが赤くなったり腫れたり、また痛みをもったりする症状です。

 

そのままにしておいても治る場合もあり、ひどいといには、敗血症や眼か蜂か織炎という病気になるそうです。

 

抗菌薬や抗炎症薬での治療が行なわれるようです。たいていの場合治療すれば1週間程度で完治するそうですから、あまり深刻にならずにいた方がいいですね。
でも見かけは随分おだやかではありません。ものもらいかなと思ったら、目を清潔に保って受診するようにします。