まつ毛エクステの問題点

まつ毛エクステの問題点

以前は月に1回か2回程度のまつ毛エクステ(Eyelash extensions)によるトラブルが消費生活センターに報告されていましたが、最近は、週に1回か2回の頻度で報告されるみたいだ。

 

このようにまつ毛エクステ(Eyelash extensions)による危害が急増したのにはいくつか理由がある。

 

 

トラブルから考えられる問題点としては、まつ毛エクステ(Eyelash extensions)の施術には美容師資格が必要なのに実際には資格のない人が施術を行っている事例がある。

 

そして一番の問題は目元に近いところで刺激物である接着剤を使うことだ。

 

グルーの成分であるシアノアクリレートは速乾性がありますが、その分皮膚への負担も大きく間違って皮膚についてしまうとやけどの原因にもなる。

 

このようなトラブルが起きてしまったときのトラブル対応も大事なサロンの責任だ。

 

トラブルが起きたら直ぐに対応してくれるところはいいのですが、責任を認めなかったり責任者が対応しなかったり、まったくトラブル対応ができていないサロンは問題だ。

 

 

トラブルの主な内容は目が痛くなる、目がひりひりする、目の充血がおさまらない、接着剤や薬が目に入って傷ができた等がある。

 

まつ毛エクステ(Eyelash extensions)をして直ぐに症状がでなくて1週間以上してからあらわれることもある。

 

地まつ毛(eyelashes)が伸びてきて垂れ下がった為に、まつ毛(eyelashes)が目のなかに刺さって傷がつくこともある。

 

 

トラブルを少しでも軽減させる手法としては、まつ毛エクステ(Eyelash extensions)は連続して行なうのではなく、まつ毛(eyelashes)を休憩させてその期間に目元をきれいにケアして清潔に保つことが大事だ。

 

そしてトラブルにあってしまったら、直ぐに医療機関を受診することだ。

 

 

まつ毛エクステ(Eyelash extensions)をすると必ずトラブルになるわけではありません。

 

このような事例があることを理解した上で、きちんとした施術サロン、確かな技法と知識を持ったアイリストに施術してもらうようにして下さい。

 

施術の前にアフターケアやトラブル対応についても事前に確認しておくことも大事だ。