近視の種類1

近視の種類1

前回の記事をご覧になって、なるほどと思ったことはないでしょうか。

 

周りを見回してみますと、遠視よりも近視のかたのほうがさらに多いですよね。

 

このような事実からも、前回の内容がより理解できるのではないかと思います。

 

遠視の偏りも近視のかたが常に多いわけですが、近視にはいくつか種類があります。

 

以前にご説明した、真性近視と仮性近視という分類のほかに・・・ということです。

 

それを今回はご紹介してみようと思います。

 

最初に言っておきますが、ほとんどの近視は、視力回復の方法がありますので、さほど心配なさらないようにしてくださいね。

 

しかし、中には視力回復が望めないものもありますが、それについては今回は外しておきます。

 

極一般的な近視・・・これは真性近視にも分類されますが、「屈折性近視」と呼ばれることもあります。

 

角膜、或いは水晶体の曲率が凄いために焦点が短か過ぎ、網膜より前方で焦点を結んで仕舞うものがこれにあたります。

 

「軸性近視」と呼ばれるものもあります。

 

これは、眼球そのものが通常より前後に長いために、水晶体と網膜との距離が長過ぎて、網膜よりも前の方に像を結んで仕舞うものを言います。

 

眼球が楕円状になっているということですね。

 

遺伝だと言われる近視の大半は、この軸性近視に分類されます。

 

また、この軸性近視の特徴として、眼球が通常よりも前後に引き伸ばされているために網膜が薄くなっていて、網膜剥離を起こしやすいという欠点もありますから注意が必要です。

 

やはり、眼球の形にかかわらず視力回復の方法はあります。

 

 

 

近視の種類2

近視は分類の仕方によっては、次のとも種類分けすることが出来ます。

 

臨床による分類をした場合には、「単純近視」と「病的近視」に隔てることが出来ます。

 

単純近視のほうは、きわめて一般的な近視を指し、その多くは遺伝或いは環境によって発生すると言われています。

 

これは、別名として「学校近視」などと呼ばれる場合もありますように、多くのかたは、小学校高学年あたりの年代から始まることが多いのです。

 

思いあたるかたもいらっしゃることでしょう。

 

そうして、「病的近視」のほうは、なんらかの原因のために眼軸が伸びてしまい発生する軸性近視のことを言います。

 

軸性近視については、前回細かい説明を通じていますね。

 

これは学校近視よりも再び速い幼児期に発生することが多いようです。

 

臨床による分類ではありませんが、「核性近視」という近視もあります。

 

こちらは若々しい世代に発生する近視とは異なり、高齢になってから発生するものです。

 

老人性の白内障によって、近視化する場合もあるということです。

 

核性白内障という症状があるのですが、それが起きた場合になってしまうのが、この核性近視なのです。

 

我々は、遠くのものが思えがたくなりますと、「近視」の一言ですませてしまいがちですが、実際にはいくつかの種類があるということがお分かり頂けたと思います。

 

これらは、何らかの視力回復の方法によって回復が可能な近視ですから、めったに落胆せずに今後の記事に期待して望むと思います。

 

その視力回復の方法も、一つや二つではありませんから、だいたいあなたに当てはまるものが見つかると思いますよ。