視力回復方法(メガネ)

視力回復方法(メガネ)

近視になってしまい、遠くのものが見えなくなってしまった時、あなたならまず最初にどうしていたしますか。

 

本当に、急きょ視力回復のための手術を受けようとは思わないでしょう。

 

いえ、中にはそういったかたも来るかもしれませんね。

 

但し、ほとんどのかたは、ともかく眼科へ行って近視かどうか調べてもらい、メガネかコンタクトレンズを使用することに決めるのではないでしょうか。

 

メガネは、近視のかたにとってはもちろんのこと、遠視のかたにとっても、ひいては老眼のかたにとっても非常に便利でお手軽な視力回復方法のひとつです。

 

最初は、それまで何もなかった顔の部分に異ものがあることで、めんどくさいと感じることもあるでしょう。

 

ですが、それも慣れてしまえば、極当たり前のようになってしまいますから、心配はいりません。

 

コンタクトレンズのように、保存に気を使ったり、面倒な手入れもありません。

 

レンズが汚れたなと思ったときに、眼鏡拭きで拭くだけという手軽さです。

 

また、お洒落なメガネフレームを選ぶことによって、ファッションアイテムにもなるという頼もしい特質をそなえているのがメガネです。

 

近視も遠視でもないのに、敢えてお洒落のためだけにメガネをかけているかたもあるくらいですからね。

 

ご自身に合ったレンズとフレームで眼鏡を定めることにより、視力回復だけでなくお洒落さを演出することも出来るのです。

 

しかし、メガネははなはだご自身に合ったものでなくてはなりません。

 

良く見えるようにと、レンズを大して激しくすると目が異常に疲れたり、頭が痛くなったりしますから、注意してください。

 

特に、メガネは視力に問題あるかたが、それを解消するひとつの方法として、ぜひとも携帯していたいアイテムです。

 

 

 

視力回復方法(コンタクトレンズ)

前回のメガネと同じように、視力に問題があった時、すぐに使用できるのがコンタクトレンズです。

 

ですが、こちらはメガネに比べますと、少しやっかいです。

 

とくにコンタクトレンズ初心者のかたにとっては、レンズを眼の中に取り入れるということに抵抗があるかたもいらっしゃいますし、上手に取り入れることが出来ないかたもいらっしゃいます。

 

これは、「慣れ」であるとしか言いようがないのですが、ちょいちょいコンタクトレンズそのものが合わないという眼のかたもいらっしゃるのですね。

 

そのようなかたは、コンタクトレンズを使用できませんから、メガネか手術という視力回復方法を選択するしかないでしょう。

 

コンタクトレンズは、最初少々抵抗があるものの、実際にレンズを眼の中に入れたときの世界の見え方に驚くかたも多いのではないでしょうか。

 

メガネを通して見分けるのとは、かなり違う感じで、眼の前がさくっと明るくなり、別世界のようですよ。

 

少々、凄い度数であっても、メガネのように具合ひどく察するということも少ないです。

 

眼の中に直接入れて、視力回復をするという方法ですから、ほとんどご自分の眼と同じ感覚といっても良いでしょう。

 

きちんとエラい感覚ですので、しばらく、面倒な手入れがあろうとも、皆さまコンタクトレンズを使用しようと思うのではないでしょうか。

 

果たして、これは素晴らしい発明だと思うのですが、絶対に注意していただきたいのは、手入れを怠ってはいけないということです。

 

現在では、手入れの方法も昔に比べて、ずいぶんと簡単になったのです。

 

手入れをきちんとしないと、失明の恐れもありますからね。

 

便利な反面、ご自身での管理がしっかりしていなくては、後々、困難目に遭うことになります。

 

 

 

視力回復方法(オルソケラトロジー)

前回は、視力回復の方法としてお手軽なコンタクトレンズをご紹介いたしました。

 

まだまだ、メガネしか使用したことのないかたは、ぜひ、コンタクトレンズに挑戦して望むと思います。

 

ところで、今回のタイトルにもあります「オルソケラトロジー」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

 

最近は、レーシックのほうが有名になりましたので、オルソケラトロジーをご存じのかたは僅かのではないかと思います。

 

近視のかたであっても、ご存じのかたは少ないのではないでしょうか。

 

これは、コンタクトレンズを使用して視力回復させる方法のひとつです。

 

と言いましても、コンタクトレンズを塗るのは寝ている間だけであって、昼間は視力が回復していますので裸眼で過ごすことが可能です。

 

如何なることかと申しますと、寝ている間に特殊な形状のコンタクトレンズを使用して、ご自身の角膜に、まるっきりレンズのように屈折率を調整するための癖付けを行うわけです。

 

朝になって、コンタクトレンズを外した時折、角膜がしっかりと癖付けされていますから、裸眼で1.0程度の視力が出ているという仕組みです。

 

メガネやコンタクトレンズも面倒くさいけれども、眼球の手術には結構抵抗があるというかたは、この方法を選んでいます。

 

やはり睡眠中に装着していても有難いコンタクトレンズを使用しますから、そのあたりの心配は必要ありません。

 

注意点を挙げるとすれば、この方法は毎日行わないと視力回復されないということでしょう。

 

再び、最初のうちは朝、レンズを外した時折1.0もあった視力が、仕事から帰ると、0.5に下がっているということもしばしばです。

 

ぐっと飛び降りるかたもいらっしゃいます。

 

ですが、まぁこれは、メガネを持ち歩けば平気ことですね。

 

このような視力回復方法もあることを覚えておいてください。