視力回復方法(フェイキックIOL)

視力回復方法(フェイキックIOL)

今回お話いたします、視力回復方法のひとつである「フェイキックIOL」ですが、これはレーシックとおなじように眼球を手術する方法です。

 

フェイキックIOLという名前を聞いたことがあるというかたは少ないかもしれませんが、これからその内容を説明すれば、そういう手術も聞いたことがあるというかたは多いのではないかと思います。

 

フェイキックIOLというのは、別名「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれているように、眼の内部にレンズを挿入する手術のことを言います。

 

挿入位置によって二種類の方法があるのですが、ひとつは角膜と虹彩の間に来れる前房型、そしてもうひとつは虹彩と水晶体の間に押し込める後房型と言われる方法です。

 

この視力回復方法は、レーシックに比べますとちょっと未完なものだと言わなければなりません。

 

ですが、レーシックという手術は強度の近視の場合、出来ないことがあるのですね。

 

角膜を削って屈折率を入れかえる手術ですから、強度の近視であるほどたくさん削らなくてはいけないことになります。

 

ですが、押さえ付けることが可能な限界というものがありますからね。

 

ですが、このフェイキックIOLの場合には、角膜の厚さや近視の強度など一切、関係ありませんから、どういうかたでも手術は可能です。

 

角膜と虹彩の間に来れる前房型の場合、レンズが角膜という位置にあるため角膜に障害をきたす可能性があるのがデメリットですね。

 

そうして、虹彩と水晶体の間に閉じ込める後房型の場合には、角膜からは離れていますが、水晶体というために白内障になる可能性があるのがデメリットです。

 

レーシックが無理であったかたにはいい手術ですが、医師の説明をしっかりと聞いてくださいね。

 

 

 

視力回復方法(その他の手術)

現在の視力回復手術では、誠に言いましてもレーシックが主流ですが、本当は視力回復のための手術は他にもあるのですね。

 

最もかねてから行われているのが「RK手術」という方法です。

 

これは、ロシアで開発された手術で、ダイヤモンドメスを使用し、角膜に放射状に切れ目を加えるのです。

 

思い切り長い歴史があって、手術例も多いです。

 

現在のRK手術は、この初期のRK手術に改良を加えた、アメリカ式の方法です。

 

ですが、この手術は軽度の近視のかたに向けたものであるので、強度の近視のかたには視力回復が苦しいというデメリットがあります。

 

「PRK手術」という方法もあります。

 

こちらは、レーシックにほんとによく迫る方法ではありますが、違うところを挙げるとすればフラップを作らないところでしょう。

 

すごい運動などを頻繁に行なうアスリートなどは、レーシックよりもPRK手術のほうが向いているように思います。

 

しかし、この方法にもふとした欠点がありまして、レーシックのように両目を一回で手術することは出来ません。

 

しばらく期間をおいて、片方ずつ行なうことになります。

 

また、麻酔が切れた後、他の方法に対して痛みが長く止まるという欠点もあります。

 

他にも未だに「ICR手術」という方法があります。

 

これは、角膜の周辺部分にリングを埋め込んで変形させ、視力回復させるという方法です。

 

こちらもレーシックなどに比べれば、費用が高価であったり、思ったほど視力が回復しなかったり、外傷に対して情けないなどというデメリットがあります。

 

このように、視力回復の方法は手術だけみてもレーシックだけではないということが、お分かり頂けたと思います。