視力回復方法(トレーニング法1)

視力回復方法(トレーニング法1)

視力回復する方法の中で、道具も使用せず、手術のように眼球にレーザーを使用したり、メスをいれることもなく、100%安全に視力回復やれる方法というと、これしかありません。

 

それは、「トレーニング」です。

 

眼球をトレーニング法に従って運動させることで視力を少しずつ回復してゆこうとするものです。

 

この方法は、全然昔からありますが、近視のかたでしたら、聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

それなのにどうして、ぐっと噂にならないのか・・・視力回復の画期的な方法として世の中に広まって欠けるのか・・・そういう疑問を抱くかたも多いでしょう。

 

それは、この視力回復のためのトレーニングによって、かなりの視力を奪い返すためには、非常に長い時間がなるからなのです。

 

ほんの少しずつの回復を長い間、重ねることで、もうすぐ回復してゆきますが、速度が鈍いために毎日のトレーニングが面倒になってくるかたも多いわけですね。

 

こんなに毎日努力しても、いまだにほんの少ししか視力回復していない・・・それなら、すでにいっそやめてしまおう!とか、レーシックであっという間に視力を回復させよう!としてしまっても不思議ではないですよね。

 

ですから、意外と根気のあるかたでないと途切れるということを、初めに知っておいて望むと思います。

 

そうして、何事にもせっせとした努力を積み重ねてゆくタイプのかたが、この方法には適していると思います。

 

また、この方法で視力回復しようとするかたは、以前にお話していた視力を低下させる悪い習慣は一切断ち切らなくてはいけません。

 

ただでさえ、回復のスピードが鈍いのですから、視力低下させる行為も同時に行っていたのでは、いつまでたっても回復が見込めないからです。

 

 

 

視力回復方法(トレーニング法2)

ずっと、本日も視力回復の方法としてトレーニングについてお話させていただきます。

 

トレーニングというのは、視力を回復したいわけですから当然ですが眼球のトレーニングです。

 

例えば、例を挙げるとするだとすれば、さまざまな図を見ながら、出来るだけ早く眼球を切り回すというトレーニングや、遠くのものを見たり近くのものを見たりすることを増やすトレーニングなどを行います。

 

こんなことで視力回復出来るのかとお思いかもしれませんが、毎日積み重ねることで、とっても良くなってゆくのですね。

 

最初は目がくたびれるかたが多いでしょうが、これは身体の運動と同じで、毎日少しずつ繰り返しているうちに疲れもなくなってきます。

 

そして視力回復のトレーニングを続けていますと、視力が次第に回復してくるのですが、それだけでなくちょっとしたオマケの効果も一緒についてきます。

 

ひとつは、動体視力も格段にアップすること。

 

もうひとつは、目がよく働くようになりますので、視野がはなはだ広くなること。

 

ひいては、目が疲れづらくのぼること。

 

これらは、他の方法では受け取れることの出来ない特典でもあります。

 

なかには、眼を使いすぎると却って眼が悪くなると名乗るかたもいるようですが、それは至極根拠のないものです。

 

眼の筋肉も、身体の筋肉と同じように、トレーニングすることで回復したり、若返ったりしてゆくものなのです。

 

トレーニングという地道な方法によって視力回復が可能になるということは、至ってそれをもの語っているでしょう。

 

 

 

視力回復方法(トレーニング法3)

ご自身が近視だということが発覚して間も乏しいかたは、メガネやコンタクトレンズをすることさえショックなことと思います。

 

勿論中には、メガネをかけられることを喜ぶかたもいらっしゃるようですが・・・。

 

一般的にはショックがおっきいでしょう。

 

ですから、なんとかして早いうちに視力回復できないものか・・・と方法を探します。

 

そうして、割とすぐにトレーニングという方法に行きつきます。

 

実際のところ、トレーニングによって大幅に視力回復陥るかたというのは、近視になって今や何年も経ってしまっているかたよりも、発覚して間も無いかたのほうです。

 

断然、視力の悪さが定着していない分、決して時間がかからずに視力回復しやすいのでしょう。

 

近視になるのは、初々しい年代であることが多いですから、そんなに眼そのものや周囲の筋肉も弾力性がありますし、復活しやすいと考えられます。

 

ですが、近視になって何年も経過したかたでも、すでに駄目ということはありません。

 

何よりも大切なのは、視力回復するまで継続決めるという硬い意志です。

 

しかしながら、これを持ち合わせているかたは、いまひとつ多くありません。

 

次いで、ひとつの提案なのですが、ご自身で視力回復のトレーニング本などを購入して行っても長続きしないというかたは、「視力回復センター」のようにトレーニングで視力回復を促してくれる施設に通ってみるのも良いと思います。

 

もちろんお金がかかります。

 

ですが、視力回復してしまえば、そのくらいは気にならないでしょう。

 

自ら行うといつの間にか怠けがちになって仕舞うトレーニングも、施設に通って大勢の仲間とともに立ち向かうのならば、やる気が出るように思います。

 

 

 

ご自身に合った視力回復方法を

いかがでしたか。

 

現在の時点で、大きく知られている視力回復方法をご紹介してまいりました。

 

どれかひとつでも興味を退くものはございましたでしょうか。

 

今回、当ブログ内でご紹介した視力回復の方法は、近視のかただけに当たるものではありません。

 

老眼で不自由しているかたであっても、乱視でお困りのかたであっても、ほとんどの方法が有効となっています。

 

とくに、レーシック系の手術に関しましては、近視のかただけが対象になっているとお思いのかたが多いようですが、どうしてもこうしたことはありません。

 

レーシックは、屈折率を調整する方法もあるわけですから、当然ながら老眼や乱視のかたにも有効なのです。

 

如何なる方法を望むにしましても、それでは信頼のおける眼科医と次第に話して見ることが大切でしょう。

 

レーシックなどの手術をするにも、細かい検査をしっかりしたうえでないと、手術が可能かどうかもわかりません。

 

不可能だった場合には、どういう方法を選ぶのか・・・そういったこともみずから感じ取るよりは、医師とともに考えるのが良いでしょう。

 

また、今現在、ティーンエイジャーや20代のかたは、これから少しの間は、近視の度数がすすむ可能性が高いです。

 

ですので、メガネやコンタクトレンズも、数年ごとに新しくしないといけないかもしれません。

 

但しある程度の年齢になりますと、ずいぶん視力に悪い行為をしないかぎり、度数は定着してきますからどんどん悪くなって最終的に失明するといったことはありませんから、こうした心配は必要ありません。

 

視力回復の方法は、時代とともに進化してきました。

 

まだまだ、この先如何なる方法が発見されるかわかりませんが、素早く視力の悪さから解放されたいかたは、何らかの方法を試してみるべきでしょう。

 

世界が断然見えるようになることで、あなたの人生もなるかもしれませんよ。