レーシックとは

レーシックとは

「レーシック」とは、角膜にレーザーをあて修正し、視力回復させる方法のことです。

 

レーシックは角膜屈折矯正手術の1つの方法です。

 

目の表面にある角膜へレーザーをあて、角膜の曲率を乗り換えるのです。

 

視力矯正を目的とした手術方法です。

 

近視を補正するなかには、眼鏡やコンタクトレンズといった道具によって立ち向かうことが一般的です。

 

ただしレーシックでは、矯正手術によって角膜を正視の状態に近づけようとします。

 

 

手術では、機器をつぎ込み角膜の表面を小さくスライスしてフラップをまくります。

 

表に出てきた角膜の実質層へレーザーをあて、一部分を蒸散させます。

 

フラップを元の状態にすると、自然にフラップは吸着していきます。

 

これにより角膜の中央が薄くなるので、角膜の曲率が下がって近視が改善されるというわけです。

 

視力は手術直後から1日くらいで矯正されていきます。

 

ただし視力が安定するのは、1週間から1ヶ月くらいかかります。

 

レーシック手術を受けた人の90%以上が、裸眼での視力が1.0以上になるそうです。

 

 

ただし角膜には一定の厚さというものがないので、人によって厚さに違いがあります。

 

角膜がない人の場合や目に何らかの疾患がある人は手術を受けることができません。

 

二度と近視が進行し易い10代の若者も手術を受けることができません。

 

レーシック手術には、合併症などによるリスクがあります。

 

簡単な手術とはいえ、手術なので失敗することもあります。

 

手術による後遺症も考えられますが、手術が失敗さえしなければ、合併症の芽生える確率も低くなります。

 

 

 

 

欠点

レーシック手術にはいくつかの欠点があります。

 

1つ目は合併症などのリスクがあること。

 

2つ目はレーシックの手術をした人は、パイロットになる資格がないこと。

 

3つ目は生命保険に加入する際、レーシックによる手術経験がリスクとして数えられてしまうことです。

 

 

レーシックでは角膜を手術します。

 

人によって違いはありますが、手術によって合併症を引き起こすことがあります。

 

重い場合にはその症状も深刻なものになってしまい、後遺症という形で残ってしまうことがあります。

 

但し手術が失敗しないで適切に行われたならば、合併症が起こる可能性もかなり低くなります。

 

手術による合併症で多いものが「ドライアイ」です。

 

これは手術の失敗というほど深刻な症状にはあたりませんが合併症の一つと考えられます。

 

ドライアイに罹患した人は、レーシック手術を受けた人の3割以上にものぼるそうです。

 

ドライアイはひどくなると後遺症になって残ってしまうことがあります。

 

レーシック手術では、角膜の屈折異常の度合いで状況を判断して手術を行います。

 

手術では一律の基準があるわけではなく患者ごとに違うのです。

 

 

またレーシックによって角膜感染症を起こしてしまう場合もあります。

 

発生頻度としては、5,000件に1件くらいの割合です。

 

レーシック手術に適応できるのかどうか正しくチェックをしないで手術をすぐに行ってしまったとか、ずさんな検査を行ったこと、病院の衛生管理の悪さ、医療機器の不十分な消毒などが原因となっています。

 

視力を回復したいからといって、安易にレーシック手術を受けるのではなく、こういったリスクがあることも事前に充分医師からカウンセリングを受けた上で、手術を受けるかどうか判断するように限ると思います。

 

 

 

安穏

レーシック手術に興味はあるけどいよいよ失敗したときのことを恐れて手術に踏み切れない人も多いようです。

 

みんなはレーシックの失敗によって失明する危険を心配しています。

 

レーシックでは、角膜の表面に接するだけで、眼球の内部にまで触れません。

 

ですから論理上、失明する可能性はあまりゼロもののと考えられます。

 

レーシックはセキュリティーの高い手術だと言われていますから安心してください。

 

 

アメリカではレーシックの症例件数が全然多いです。

 

その数は年間で130万件以上もあるそうです。

 

アメリカの日本でいうところ厚生労働省にあたるFDAが1995年レーザー治療の矯正手術を認可したことによって急速に広まっていきました。

 

アメリカではFDA以外にも眼科学会や白内障屈折手術学会が認可しています。

 

また国防総省が戦闘機のパイロットであるトップガンにもアイレーシックによる視力矯正を認めました。

 

戦闘機の中という過酷な環境も視力のセキュリティーが認められたのです。

 

日本では2000年に厚生省がレーザー治療の矯正手術を認可したことによってセキュリティーが確認されました。

 

ただし日本国内での症例数は2008年の1年間で45万件とアメリカの症例数に比べるとなかなか少なくなっています。

 

2000年から2008年までの間に日本では累計55万人の人がレーシック手術にあたっているそうです。

 

多くの人がその効果とセキュリティーに驚きの声をあげています。

 

近年それではレーシックの知名度が社会的に高まってきたため、プロアスリートや名人など多くの人が裸眼視力での快適生活を手に入れることができました。