手術後の視力

手術後の視力

レーシックをすると案の定どれくらいの視力になることができるのか、レーシック手術を実際に受ける人にとっては至極気になることだと思います。

 

人によって視力2.0でも失敗という人と、視力1.0でも成功という人それぞれだと思います。

 

レーシック手術では、自分が希望した通りの視力がでないこともあります。

 

レーシックでどれくらいの視力回復をすることができるかの目安としては、自分に合っている眼鏡やコンタクトレンズをしたときに見える視力と言われています。

 

正確に分かるには、レーシック手術前に浴びる事前検査を受ければある程度見通せる回復視力を分かることができます。

 

 

視力はよく見えれば感じるほど宜しいというものではありません。

 

たとえば先ほどの2.0と1.0ならば、2.0が成功で1.0は失敗かというとそうではないのです。

 

もちろん2.0の視力の方が1.0よりも遠くのものをよく確かめることができます。

 

ただし今まで視力が1.0なかった人が視力1.0になれば、それだけでも世界が変わるのです。

 

レーシック手術をしたほとんどの人が、視力は1.0以上に回復させています。

 

多くの人がレーシックによって待ち望む回復視力は1.0以上を希望しています。

 

しかしながら手術後1.0あった視力も1年後には0.8に下がってしまっているかもしれません。

 

これは「近視の戻り」というもので、手術が失敗したわけではないのですが、全体の2%くらいの確率で起こることなのです。

 

ただし手術前の視力にまで戻って仕舞うことはありません。

 

ほとんどのケースで0.5〜0.8程度で視力が和らぎます。

 

近視の戻りは手術後1年以内に見つかることがほとんどです。

 

これについては、手術前に充分そういったことが起こる可能性があることを知っておく必要があります。

 

回答として再手術があります。

 

追加矯正を通じて、目標としている視力にすることができます。

 

ただし再手術できるかどうかは、術後の状況によるため、医師と相談して形づくるようにしてください。

 

 

 

合併症の発生

レーシックは大変安全に行なうことが出来る視力矯正手術と言われています。

 

失敗することもざっとありませんから、安心して受けることができます。

 

但しほんのわずかな確率ですが、レーシック手術を受けた後に合併症を発症して仕舞う可能性があることも確かです。

 

これは手術の失敗によるものではありません。

 

合併症は種類や症状があります。

 

万が一にも合併症が発症するようなことがあれば、直ちに治療あるいは再手術を行う必要があります。

 

合併症はしっかりと対応すればことごとく直るものそれであんまり怖がらないで下さい。

 

 

合併症の事例をいくつか挙げていきます。

 

それでは「ぼやける」ことがあります。

 

レーシック手術をした直後には全体的に視界がぼやけて、少し見えづらい状態になることもあります。

 

ただしほとんどの場合、数日から1週間で視力が窺えるようになってくるので心配いりません。

 

 

視力が安定するまでに時間がかかって仕舞う人もいます。

 

最も高齢者や近視、乱視の度合いが恐ろしい人になると視力が安定するまでに月、2ヶ月かかってしまうことがあります。

 

 

「結膜下出血」する人もいます。

 

機器においてフラップをつくるとき、白目にある結膜の血管が傷つくと出血してしまい赤くのぼることがあります。

 

出血は1週間から2週間で自然治癒していくので心配いりません。

 

これはレーシック手術の失敗によるものではなく、出来る副作用です。

 

結膜下出血はレーシックによる可能性がある副作用の中けれどもとにかく軽々しいものです。

 

 

 

合併症の発生2

レーシックによる可能性がある合併症、続いては「ドライアイ」です。

 

レーシック手術を通じて3ヶ月ほどは目が乾燥しやすくなります。

 

これは一過性のドライアイです。

 

ドライアイ用の点眼薬で治療すれば治ります。

 

 

手術直後に目の中にゴロゴロと異もの感を感じる人もいます。

 

目が漏れる人もいます。

 

但し数時間で収まっていきますから、暫し様子をください。

 

 

手術後に光がにじんだりまぶしかったり、うれしい場所まずは視力の低下を感じたりすることがあります。

 

一般的には3ヶ月から半年で改善していきます。

 

 

角膜の上皮が完全に修復出来るまでの間に、傷口から細菌が入り感染症を起こすこともあります。

 

手術後には清潔を持ち感染を防ぐように気をつけなければいけません。

 

予防策として点眼薬を使うこともあります。

 

レーシックを失敗打ち切るためには、日頃のケアも大切なのです。

 

 

フラップの下に炎症が起こってしまう「眉間角膜炎」が起きることもあります。

 

点眼薬や内服薬で治療していけば治ります。

 

手術した直後に目を深くこすったり、ぶつけたりすることでフラップが外れることやしわが出来ることがあります。

 

目がかすんだり白いもやがかかったりしたように感じますが、すぐに整復すれば直るのですみやかにレーシック手術を受けた医療機関を受診して下さい。

 

 

またフラップが不完全なこともあります。

 

フラップを探るときにフラップが予定より薄くなってしまったり厚みが均一にならなかったりすることがきわめてまれにあります。

 

このようなときは、一旦手術を中止して、改めて角膜が安定するまで待ってから再手術をします。

 

ここでただただ手術を強引に進めてしまうとレーシック手術自体が失敗することになりかねません。

 

最低でも3ヶ月以上は安定するまで待つことになります。