長期間の大丈夫

長期間の大丈夫

レーシックを通じて視力回復をすることができたら、次に心配なのはこの視力がいつまで貫くかということだと思います。

 

20年後、30年後などレーシックの長期間の安心はまったく実証されていません。

 

未来のことは誰にもわからないので、過去の状況から判断するしかないのですが、レーシックが大きく普及し始めてから15年くらいしか経過していません。

 

レーシックの安心自体については、世界中で色んな検証が行われてありその治療の効果や安心、将来性は米国眼科学会も日本眼科学会も認めているところです。

 

世界の中でやはり良い安心基準を誇っているアメリカの食品医薬品局ことFDAもレーシック手術を認可しているので、レーシック自体の安心は十分に確認できているところだと思います。

 

日本もレーシック手術後の10年調査で、良好な視力をおおむね維持できていて評価も高いという結果がでています。

 

治療用のレーザーについても性能が進歩しているので、20年後、30年後にも十分に視力を安全に維持出来ると思います。

 

寧ろレーシックの安心、失敗の雰囲気に疑問を持つのであれば、レーシック手術自体ではなく医師の熟練度や病院のサポート体制にあると思います。

 

レーシック手術の上で心配なことは、手術に失敗する雰囲気とは別途回復した視力を長期間維持出来るかどうかだと思います。

 

しかしながら人間の体は、通常においても数十年間不変であることは考えられません。

 

目も老化によって衰えていきます。

 

レーシック手術とは関係なく、日頃から目を大切にして日常的ケアを続けていくことが結果として長期間の安心に変わるかもしれません。

 

 

 

レーシックができない人

事前検査にてレーシック手術が受けられるかどうか確認するのが一般的です。

 

これを怠ると、失敗を招く結果としてかねません。

 

まずは事前検査を通じて本当にレーシック手術ができないと判断されるケースをいくつか見ていきます。

 

特に20歳未満の人はレーシックを受けることができません。

 

これは未成年それでは未だに視力が安定していないため手術を認めていないためです。

 

角膜の厚さが不十分な人もレーシックをすることができません。

 

白内障や緑内障、網膜疾患やぶどう膜炎など眼科疾患がある人もすることができません。

 

円錐角膜などのように不正乱視がある人も駄目です。

 

眼科疾患以外にも糖尿病や膠原病、アトピー性疾患など重篤な疾患がある人もレーシックをすることはできません。

 

妊娠中の人や授乳中の人もできません。

 

そうして医師によるインフォームドコンセントの内容を十分に理解することができない人にも受ける資格はありません。

 

他にも様々な条件があり、専門医による検査と診断、そしてカウンセリングを通してレーシックが出来るかどうかを判断するようにしてください。

 

このような条件に当てはまる人が強引にレーシックを進めてしまうと、失敗してしまう可能性が高くなると思います。

 

信頼出来る医師の元、その判断に従って行うようにしてください。

 

レーシックの技術も日々進歩して視力矯正のために様々な施術が施されています。

 

規則正しい情報を得て、専門医から十分な情報提供を通して、最終的には自己の責任で手術を受けるかどうか決めてください。

 

 

 

レーシック後の視力低下

厳密に言うと失敗ではないのですが、近視がいまだに完全に止まっていないうちにレーシックを通じてしまった場合や目を酷使してしまった場合にきわめてまれに視力が低下することがあるそうです。

 

レーシック前の元の状態に戻ろうとして自然治癒力によってそこそこ視力が帰ることもあります。

 

視力低下などの症状には個人差があります。

 

このような場合、角膜の厚みに依然として余裕があるのならば、レーシックの再手術をすることでもう視力回復を企てることができます。

 

眼圧のおっきい人の場合、フラップがまったく完全に欠ける時期に視力低下することがあります。

 

これも失敗ではなく、角膜の下の部分だけでしか目を支えていないために起こることです。

 

このような場合、フラップが完全に付くまで眼圧を押し下げる効果のある目薬においていけば、フラップがついたときに視力が安定するようになります。

 

 

ただしレーシック手術で角膜を400ミクロン〜410ミクロンくらい十分に残さなかった場合にも視力低下が起こる可能性があります。

 

角膜が薄すぎると眼圧によって角膜の中心が押し出されてしまい飛び出すのです。

 

こうなってしまうと眼鏡やコンタクトレンズにおいても視力を矯正することができませんし、再手術をすることもできません。

 

 

レーシックの手術後の視力低下になるときのほとんどが機械の性能や医師の技術が原因で起こっています。

 

そのためレーシックを受ける病院は価格で形づくるのではなく、ちゃんと病院選びをすることが大切になってくる。

 

 

 

レーシックの種類

「レーシック」の手術方法にはいくつか種類があります。

 

それぞれのレーシック手術の特徴などから医師に求められる技術量も変わってきます。

 

レーシックを受ける時として自分に当てはまる方法を選び、その方法に必要な技術量を携帯している医師を選ぶことで失敗を防ぐことができます。

 

 

普通のレーシック手術では「ケラトーム」という方法が行われています。

 

レーシックの基本的手術です。

 

手術の際に使用する機器がマイクロケラトームということからつけられた名前です。

 

手術内容自体もオールドもので麻酔を通して保護層をケラトームではがしてフラップを作ってレーザーで角膜の形を形作りフラップを立て直す方法です。

 

とにかく古い手術法でさほどよく行われている手術です。

 

 

現在主流になりつつある手術が「イントラレーシック」です。

 

フラップを取るときに、ケラトームではなくてレーザーを使います。

 

レーザーで角膜の保護層をはがしてからフラップを作ります。

 

ケラトームで取るのとはフラップの形が違います。

 

こちらの方法の方が手術後にフラップが定着し易いので、手術による後遺症や失敗などのデメリットが少なくなります。

 

セーフティと精度が大きいことで人気の手術法となっています。

 

さらに1人1人にあったレーザーのあて方をするのが「カスタムビュー」と言います。

 

医師の細かい技量が必要です。

 

 

手術前検査が特徴的な「ウェーブフロントレーシック」です。

 

特別な機械を使って角膜形成による視力矯正だけではなくて目の細かい状態を把握して収差の矯正を行います。

 

収差矯正によって通常のレーシックよりくっきりと映るようになります。

 

検査以外の手術内容はケラトームやイントラレーシックと変わりません。

 

 

「エピレーシック」はエピケラトームという機械を使ってフラップを非常に小さくすることができます。

 

これにより角膜がない人もレーシックが出来るようになりました。

 

但しフラップがないので後遺症などがでやすいデメリットがあります。

 

 

「ラセック」は他の手術法と違って、保護層を省きません。

 

フラップが非常にないので、この方法も角膜が無い人が出来るタイプになります。

 

麻酔をかけた後に角膜を30秒間アルコールにつけます。

 

柔らかくなった保護層上部をはがしてフラップにします。

 

保護層を切り取らないので手術で作ったフラップが時間経過とともになくなっていきます。

 

そのため耐え難い運動をする人にもお進め出来る方法です。