医原性ケラテクタジア

医原性ケラテクタジア

レーシックが怖くて随分踏み出せない人、レーシックの失敗が不安な人のために、実態を分かることで規則正しい知識を保ち不安を解消することができます。

 

多くの人が不安に思うレーシックの失敗、リスクの一つに「医原性ケラテクタジア」があります。

 

これはレーシックの手術のときに角膜を削り取ります。

 

その削った部分が少しずつ変形して前に突き出て現れるという症状です。

 

レーシック手術の直後に現れる合併症とは違って、手術後数年経過してによるケースがあります。

 

発症例はごく少なく、まれなケースと呼べると思います。

 

 

医原性ケラテクタジアでは角膜の形が変形してしまうので、視力も変化します。

 

この視力を眼鏡やコンタクトレンズによっても矯正できないほど重症な場合、角膜移植も検討しなければいけません。

 

このような合併症は角膜が無いのに、無理にレーシック手術を通してしまった人や円錐角膜の人がレーシック手術を通してしまったときになりがちです。

 

この失敗は手術前に立ち向かう事前検査で慎重に比べることで回避することができます。

 

手術をするも角膜の形状をしっかりと調べておいて、角膜の削り取りすぎに注意して進めなければいけません。

 

角膜がない人や円錐角膜の人は、こういったリスクがあることを踏まえた上で、レーシック治療をするのかどうか考えなければいけません。

 

このような実態を分かり不安を一部ずつ解消して出向くためにも、規則正しい知識と情報を入手することが大切なのです。

 

 

 

コンタクトレンズ障害

「コンタクトレンズ障害」という言葉を聞いたことがあります。

 

これは、今普通にコンタクトレンズをつけていることが出来る人の中で、日常生活には何の支障もなく生活ができていて問題も何もないと思っている人が多いと思います。

 

但しコンタクトはいつまでも使い続けることはできないのです。

 

コンタクトレンズは、直接目に触れます。

 

そのため目に負担がかかるのは仕方のないことです。

 

この負担がたまっていくことで目の病気である「コンタクトレンズ障害」になってしまう。

 

こうなる前にレーシック手術を通じてコンタクトレンズがいらない生活を考えることで目の健康を続けることが出来るのです。

 

実に失敗の不安があってもレーシック手術に思いきる人の中には、こういった理由から手術を決断する人もいます。

 

 

コンタクトレンズ障害にならないようにするためには、ちゃんとコンタクトの清潔を維持しなければいけません。

 

こすり洗いを通じてちゃんとレンズについた汚れを落とすことはもちろん、洗浄や消毒もどうしてもやらなければいけないケアです。

 

マスカラやファンデーションはレンズに付着するとどうしてもとれません。

 

だから目元の化粧をするときにも注意しなければいけません。

 

コンタクトレンズの場合、このような面倒なケアをしなければいけません。

 

レーシック手術をするとこの面倒なケアから解放されるのです。

 

レーシック手術の失敗や合併症などのリスクとコンタクトを使い続けることによるリスクを比較して検討してみるといいと思います。

 

いくら気をつけていても人がコンタクトを押し付け積み重ねることが出来るのは20年程度だと言われています。

 

 

 

失敗の確率

レーシックで視力回復手術をどこの病院で行っても失明するという失敗が起こる確率はちっともゼロだと言われています。

 

失敗ばっかり乏しいセーフティの厳しい手術方法と言われています。

 

但しレーシックの失敗する確率が割であると言いきることはできないのです。

 

 

レーシックを受けた人がいう失敗談の多くはドライアイになったに関してです。

 

視力回復手術を通してドライアイになって仕舞うことが多くて、瞬きの回数によって問題があるようです。

 

ハロという症状は暗闇でぼやけるようになり、グレアという症状では光がまぶしく覚えるようになります。

 

とも数ヶ月で落ち着く症状なので失敗と判断するのではなく、合併症というべきなのかもしれませんが、ドライアイにならない人もいることを考えると失敗とも言えるのだと思います。

 

 

またレーシックの手術が正しく行われないと、感染症を起こして白内障のように眼球が白濁してしまうこともあります。

 

これは早期に治療しないと最悪の場合手術をしなければいけなくなるので、注意しなければなりません。

 

上皮剥離を起こすこともありますから、病院選びは信頼できる医師見い出しからすることが大切です。

 

信頼のできる病院と、医師の元、衛生管理の整った環境においてレーシック手術は受け取れるべきなのです。

 

 

レーシックでの失敗と言えば、視力が回復しないことも失敗と言えます。

 

角膜がない人だと手術してもいまいち効果が見込めないと事前に医師から説明がありますが、普通の状態で受けた人もそれほど視力が貫く人がいます。

 

このように失敗するケースも感じるのです。

 

この場合再手術という選択肢もありますが、医師とよく相談してから形づくるようにした方がいいと思います。

 

 

 

失敗例

具体的にレーシック手術による失敗例をいくつか紹介していきます。

 

レーシックは安全に出来る視力回復方法だと言われています。

 

しかしながら簡単とはいえ手術なので勿論失敗例も報告されています。

 

レーシック自体、生まれたてのでいまひとつデータはありませんがでも失敗例はあります。

 

 

レーシックの手術後に不正乱視や近視に戻ったという例があります。

 

レーシックで失敗例というと、取り敢えず失明を一番に思い浮かべますが、角膜にメスを取り入れるのでその大丈夫と思います。

 

事実失明に関しては、日本もアメリカも1件も発生していません。

 

不正乱視や近視に戻ったという失敗例は、手術の事前検査において角膜の厚さ、乱視の度合いなどをしっかりと調べていたいために起こったと考えられます。

 

他にもレーシック手術によって、左右の視力に大きな違いが出てしまったという失敗例もあります。

 

片方の視力だけが回復を通して、もはや片方の視力にいまひとつ効果がでなかったに関してです。

 

このような場合は再手術をした方がいいと思います。

 

レーシックの手術はこれからつぎつぎ受ける人が増えて赴き、それによってデータ量も増えていけば失敗例もグングン増えていく可能性があります。

 

レーシック手術において失敗はあるのかと聞かれたら、さすが失敗はあるということになると思います。

 

このようなことからとにかく呼べることは、レーシックを受けたいと考える人はまず病院選びを慎重にください。

 

手術は信頼出来る医師の執刀によって行うべきなのです。