カラコンのデメリット

カラコンのデメリット

口コミでも大人気のカラコン。

 

様々な業者がカラコンを取り扱っていて、口コミをほんのり見てみるとたくさん出てきて選ぶのに面食らうほどです。

 

簡単な顔の印象を変えたり、オシャレを楽しむ事が出来るカラコンですが、その前にデメリット部分もきちんと把握しておく必要が有ります。

 

ここではカラコンの代表的なデメリットを挙げてみたいと思いますので参考にしてください。

 

【目のトラブルの見込み】
さすがカラコンのデメリットはこれに絶えるのではないでしょうか。

 

今現在はカラコンは薬事法に指定されている為、偽物のカラコンを手にする事は殆ど無いと言っても良いと思います。

 

昔雑貨扱いだったころ、レンズの色が溶け出してしまって目のトラブルを引き起こしてしまうケースが有ったと思いますが、それも今ではカラコンの製造方法から見直されていて、総じて無くなってきています。

 

但し取り敢えずカラコンはオシャレ感覚が手強い為、通常コンタクトが不要の人も装着する場合が多いです。

 

この時、コンタクトレンズに対しての知識が少なく、無造作に扱った結果、目のトラブルを引き起こしてしまう可能性が高いのです。

 

眼球に傷が付いてしまうと思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性が有るというデメリットを覚えておく様にください。

 

そういったデメリットを回避する為には、コンタクトレンズに関するふさわしい知識、取扱い方、ケアの仕方をきちんと把握する様にしておく事が大切です。

 

カラコンのオシャレを充分に楽しむ為に、充分知識を持つ様にください。

 

 

カラコンの偽物について

ひとりでにイメージとして、カラコンと言えばオシャレを目的として選べるコンタクトレンズなので、処方箋の必要が無く、少ない所で手軽に買いたいとしている方が多い様に思われます。

 

かつてカラコン自体雑貨扱いたっだので、その時のイメージが残っているのだと思いますが、本当はこのときの価格競争の結果、偽物が大量に出回ってしまった為、カラコンの色素が目に付いてしまった、失明してしまった等のトラブルも報告されていました。

 

カラコンの口コミを見てみると、そういったトラブルが色々出てくると思いますので見てみると良いでしょう。

 

口コミでは良い事ばかりではなく、悪い事も書かれているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

但し今では薬事法が制定されて医療機器としてカラコンが認定された為、こんな偽物はかなり減少したと言われています。

 

現在のカラコンの主流は「韓国製」のカラコンだと言われています。

 

韓国製のカラコンは品質が良い上に手ころな値段で入手出来る事から、日本も人気が高い商品となっています。

 

勿論度入りのカラコンを購入する際には処方箋が必要になりますので気を付けてくださいね。

 

ただし薬事法が制定されたとはいえ、今でも利益を高めようと偽物を取り扱っている業者も多数存在します。

 

ですからただ安いというだけで購入するのではなく、販売業者の事をよく調べた上で購入する様にした方が良いと思います。

 

取り換えが効かない目に装着する物だから、偽物を掴まない様に気を付けましょう。

 

 

カラコンは目に悪いのでしょうか

口コミ等で聞いた事が見て取れる方も多いと思いますが、カラコンは目に悪い成分で作られているという話を聞いた事が在るでしょうか。

 

現に、現在のカラコンは薬事法の対象となっている為、目に有害なもの質では製法されていませんので断じて心配する必要は有りません。

 

昔、薬事法の対象となっていなかったころ、失明したとか色素が目の中に溶けだして色が付いてしまったとか、そういった事例が報告されたことからこんな噂が広がったと言われています。

 

なぜこんな噂が広がったのかと言うと、カラコン自体に色素が使われている事が原因とも言えます。

 

レンズに色素を入れたものを創り、それを目に来れる事で目の色を乗り換える事が出来ますが、昔はそういったカラコンにはまがい物が有り、色素がレンズにきちんと着色されていない状態で販売されている物のそこそこ多かったので色素が目の中で溶けだしてしまう様になった事が原因としています。

 

またこの時カラコンに使われていた色素の一部で有害もの質が使われている物も有った為、こんな噂が飛び交う様になったとも言われています。

 

但し現在の所は安心して使ってくれる様になっているので、大丈夫なのです。

 

とは言うものの、カラコンもコンタクトレンズになります。

 

きちんとした装着方法を知っておかないと、有害もの質とは別途目に負担やダメージをかける事になりますので注意しましょう。

 

口コミで何かと調べてみるとこんな有害もの質についての事、カラコンの目に対するダメージの事等がなんだかんだ出てくると思いますので調べてみると良いと思いますよ。