カラコンはいつまで使えるのでしょうか

カラコンはいつまで使えるのでしょうか

普段よく使われているコンタクトレンズも、カラコンも使用期限を一概に守った上で使用する様にする事が本当に大切になります。

 

よくコンタクトレンズの口コミを見てみると、1dayを1週間以上、2weeksを1〜2ヶ月以上という様に平気で本来の使用期限を過ぎても使っている人を見掛けると思います。

 

ただし単純にそれはその人がついつい目のトラブルを起こさなかったというだけの話であって、本来はきちんと決められた期限を守って使用する様にしないといけないのです。

 

カラコンやコンタクトレンズは、いかほど丁寧なケアを通してもタンパク質や汚れがどっさり蓄積されている上に、知らない間に傷が付いて仕舞う事も有ります。

 

この時に使い続ける事で眼病など、目のトラブルを引き起こしてしまうリスクが出て来るのです。

 

カラコンやコンタクトレンズに使用期限がある物は、そういったリスクが最小限に抑えられる期間という事になるのです。

 

ソフトの場合は1day、2週間、月額といったものが有り、ハードの場合は長くても2年で交換する事が必要とされています。

 

しかしカラコンの場合は長くても月額までとしている物が多いですので購入時にご確認ください。

 

もしこんな期限を忘れてしまいがちだという方は、ある程度真新しいレンズを装着する様に1dayを使用すると良いでしょう。

 

今現在カラコンとしていて、目の充血、目の痛み、目やに、目が見えにくい等、目に関する症状が出ている場合には早速使用を中止して眼下を受診する様にください。

 

口コミで何とか大丈夫と言われていたとしても、カラコンやコンタクトレンズは目に取ったら単なる異ものでしかないので、装着期限は一概に続ける様にください。

 

 

カラコンで目力をアップさせましょう

目力をアップさせる事で女子力を決める事が出来ると思います。

 

こんな目力アップを簡単に演出してくれるのが「カラコン」です。

 

女性はオシャレが大スキな方が多いですよね。

 

洋服やメイクに力を入れている人は大勢いるというのです。

 

女性は始終愛くるしい女性でありたい、素敵な女性でありたい、イメチェンを通してアッと言わせたいという願望を持ち歩いていると思います。

 

そこにファッションを取り入れて、流行や個性を織り交ぜて自分なりにオシャレを楽しんでいるというのです。

 

そういうファッション同様なのがメイクです。

 

最もアイメイクに力を注いでいる女性はたくさんいる事でしょう。

 

口コミでアイメイクで検索すると、アイライナーの引き方やマスカラの着け方等、なんだかんだ出てきますが、その中に「カラコンの使い方」と言うのも生じるかもしれません。

 

カラコンは口コミも人気が高いファッションアイテムとなっています。

 

ナチュラル色合いのカラコンを装着すると、黒目が激しくガラリチリとした目になりますので、カワイイ目を手に入れる事が出来ます。

 

またふとパーティーやイベント等で遊びたいなと言う時折、青や赤、白といった個性的な色合いのカラコンを使う事で、顔の印象を入れかえる事が出来ます。

 

目は口ほどにものを言うという言葉も在る様に、カラコンを装着するだけですばらしくも、キレイにも、イメチェンも自在に出来るのは凄いですよね。

 

この様にカラコンをはおる事で目力をアップさせ、オシャレを楽しむ事が出来ますので、興味が有る方はぜひひとまず着けてみてはいかがでしょうか。

 

 

ドライアイもカラコンは装着できるのでしょうか

近年、パソコンやスマートフォンを利用する人が急増している事から、ドライアイの人が多くなっている様な感じがします。

 

ドライアイとは瞬きの回数が鎮まる為に、涙の分泌量が減り、目が乾燥して仕舞うときの事を指します。

 

ドライアイになってしまうと、カラコンやコンタクトが装着しにくくなってしまいますよね。

 

通常のコンタクトよりカラコンは酸素が通りにくい構造となっている為、カラコンを装着してしまうと目の乾燥がグングン進んでしまいます。

 

せっかく口コミ等で人気のカラコンを装着してオシャレを売りたくても、これまずは大変ですよね。

 

仮にでも大丈夫として我慢してカラコンを装着し続けた場合、目に傷が付いたり、角膜炎を引き起こしてしまったり、最悪の場合は失明っていう事になる可能性も否定できません。

 

口コミでおこんな目の乾燥によるカラコン対策はなんだかんだ出ていると思いますので、ちょっと見てみると良いかもしれませんね。

 

ではドライアイの方はどの様にカラコンとお付き合いしたら良いのでしょうか。

 

先ずはカラコンの装着時間を早くしてみるという事です。

 

特に乾燥時折目が悲鳴を上げない程度の少ない時間のみカラコンとして、それ以外は外す様にすると良いでしょう。

 

またパソコンやスマートフォン、映画等、目を少々酷使する様な場合にはカラコンは外した方が良いでしょう。

 

グングン目薬は常備しておく様にし、目が乾かない様に注意しましょう。

 

この時使用する目薬もカラコン専用のもの、防腐剤が入っていないタイプのものを使用すると、再び目にきめ細かいと思います。