医療費控除の対象になる場合もあります!

医療費控除の対象になる場合もあります!

医療費はどこへ行っても、「おっきい!」この一言に尽きますね。

 

ただし、「医療費控除」となる場合もそんなに多くあるものです。

 

今話題となっている「レーシック手術」については、「レーシック手術はもちろん医療費控除なんて変わるわけないよね・・・?」などと勝手に決めつけられてはいませんでしょうか?
決めつけて仕舞う前に、では「取り敢えず申請してみる」という積極的な行動も大事です。

 

レーシック手術の場合けれども、たとえば「眼鏡やコンタクトレンズを置きたままだと仕事上、支障が出てしまう。
」という場合や、「強度の近視や乱視などで通常の生活にも支障をきたしている。
」といった場合、医療費控除が適用される場合もあるのだと聞きます。

 

レーシック手術のように「自費治療」の場合には、申請すれば税務署でどうして判断されるか?によって変わってきますので、医療費控除にあたる可能性がある、というわけです。

 

レーシック手術はそれぞれのクリニックによって大体20万円〜50万円と幅広く費用が異なりますが、仮に医療費が控除変わるのであれば、家計のことなどよく気にならず、安心してレーシック手術を受けることができますね。

 

それでは医療費控除に当たりそうなのかどうか、自分がどんな理由でレーシック手術を受けることに至ったのかまでちゃんとさせておく必要がありますから、しっかりとしておきましょう。

 

しっかりとしてやっぱり上記に今し方記しましたような理由であるとすれば申請しましょう。

 

 

アフターケアで安心!

あなたは「レーシック手術を受けたい!」と考えたことはありますでしょうか?
仮に今後レーシック手術を受けるご予定がおありでしたら、「アフターケア」がしっかりと保証されているクリニックを選ぶようにしましょう。

 

アフターケアがついていれば、クリニックによっては万が一必要になった場合の再手術も無料で受けられたり、ないしは一斉目の手術よりお安い価格で受けることが可能となるケースがあります。

 

基本的についているアフターケアの手順は大きく分けて3つあると言われています。

 

ひと度一つ目は、「手術直後のアフターケア」、そして二つ目は「手術の翌日のアフターケア」、そして三つめが「手術の翌週のアフターケア」です。

 

一つ目の「手術直後のアフターケア」は、手術直後にクリニックで指示された目薬などを使用するように言われます。

 

手術を受けた日の洗顔は禁止で、手術直後の目に刺激を与えるのは危険としているため、保護眼鏡やサングラスをかけます。

 

それらをしっかりと必ず守りましょう。

 

二つ目の「手術の翌日のアフターケア」は、翌週の検診を受けるために来院することとなるようです。

 

たとえば、手術後の様子などをおっしゃるようですので、多少なりとも思ったことがあれば我慢せずに正直に授けましょう。

 

三つ目の「手術の翌週のアフターケア」は、翌日の時と同様に手術後の変わりはないか?ということを質問されるようです。

 

また、この時異変がなくとも、大事なこれからも一生付き合って出向く目ですので、医者から言われた気を付けるべきことはしっかりと守って生活ください。