手術の種類を知っておこう!

手術の種類を知っておこう!

これからレーシック手術を受けたいとしているあなた。

 

そんなあなたに手術を受ける前に知っておいて下さいことがあります。

 

知っておいて下さいこととは、「手術の種類」です。

 

レーシック手術には、アイレーシック・イントラ角膜リング・ウェーブフロントレーシック・フェイキックIOL・エピレーシック・ラゼック・イントラレーシック・PRKなどがあります。

 

アイレーシックは、最先端の費用が高めですが、技術が使われておりますのでそれだけの価値はあります。

 

それぞれの角膜の状態に当てはまるレーザーの照射をすることが出来るため視力矯正の効果が抜群のレーシック手術です。

 

イントラ角膜リングは、適応検査によって必ず誰もが受けれる手術ではないのですが、近視の改善にはイントラ角膜リングが有効です。

 

ウェーブフロントレーシックは、通常のレーシック手術よりもより高精度な近視の改善が可能な手術となります。

 

フェイキックIOLは、角膜を削って屈折率を調整する人気のレーシック手術です。

 

エピレーシックは、レーザーをあて近視の矯正を行う手術です。

 

こういったそれぞれのレーシック手術のポイントやポイントなどを、手術を受ける前々から充分理解して置き、ますます安心・安全に確実な手術ができるよう、あなた自身で確認しておきましょう。

 

正しく自らが理解して手術に挑めば、万が一の場合の答えも早めに生じるといったメリットにもくっつき、「レーシック難民」になることを防ぐことができます。

 

 

高精度な手術もあります!

今話題になっている「レーシック手術」。

 

そのレーシック手術には誠に、一つだけではなく種類があります。

 

その中それでも、グングン「高精度」と言われているレーシック手術があります。

 

それは、「ウェーブフロントレーシック」という手術方法です。

 

ウェーブフロントレーシックは、通常水晶体や角膜を通じて見ることができる目の奥の映像を受け止める部分に関して、グングン細やかな照射で歪みを検知し、除去することが可能です。

 

通常のレーシック手術は「近視」ですが、ウェーブフロントレーシックでは「乱視」・「遠視」にも対応しており、改善が可能それで視力薄い人にとっては強い希望です。

 

ウェーブフロントレーシックの登場により、対応出来る幅が広がったので、周りの世界を見渡すことに日々不便を感じられている人であっても、ウェーブフロントレーシックならば鮮明に思える世界を「自分の目」で探ることが出来るようになりました。

 

レーシック手術は自由診療と呼ばれているため手術費が激しく、レーシック手術よりも高精度なウェーブフロントレーシックは今後も手術費用が高くなることも考えられます。

 

ただし、一段と安心して受けることの出来る「高精度」な手術であるので、受ける価値が十分にあります。

 

とっても最先端な手術となっておりますので、ウェーブフロントレーシックを望めるクリニックは非常に少ない、と言われておりますが、仮にあなたも視力にお困りでしたら費用がこれ以上上がらないうちに、ウェーブフロントレーシックを通じている信頼の出来るクリニックでぜひとも受けて下さいとしております。