一重まぶたと二重まぶた

まぶたには大きくわけて「一重(ひとえ)まぶた」と「二重(ふたえ)まぶた」があります。
一重まぶたは、まぶたに厚みやふくらみがあり、見ためは目が細く重たい印象があります。二重まぶたは、はっきりとした印象で、目が大きくみえるのが普通です。

 

一重まぶたの人は二重まぶたになりたいと考える人が多いようで、その逆の人はほとんどいないようです。やはり二重まぶたの方が、あきらかにかわいいとかキレイ、モテるというイメージがあるようです。

 

女性の場合は特に目にたいする思い入れがあるようで、一重まぶたを二重まぶたにする商品やお化粧法などに人気があるようです。

 

一重まぶたの人は、暗く冷たい印象を持たれることもあり、何もしていなくても怒っているように見えたり、沈んでいるように見えたりと、本当の感情とは違うように見られるという経験をした方も多いようです。

 

若い人で異性を意識しだすころは、特に男女を問わず、一重まぶたから二重まぶたになりたいと願望するようになるようです。

一重まぶたと二重まぶた記事一覧

二重まぶたには、平行型二重、末広型二重、奥二重の主に三種類があります。「平行型二重まぶた」は、二重の線が目頭から目尻まで、はっきりと平行に出ているもので、目頭がわの二重の始まり部分が目頭から出ないで離れています。二重のラインがアイラインと平行とうことですね。有名人でいうと浜崎あゆみさん、深田恭子さん、米倉涼子さん、長谷川京子さんがこのタイプでしょう。平行型二重まぶたは欧米人にとても多く見受けられま...

二重まぶたになりたい人にとって、一重まぶたに生まれつくことは残念なことのようですね。特に両親が二重まぶただった場合はなおさらかもしれません。二重が両親が二重まぶたの場合でも一重まぶたの子供が産まれるのはよくあることで、一重まぶたの両親から二重まぶたの子供は生まれないといわれています。ですから両親が二重か、どちらか一方が二重であれば、成長するにつれて一重から二重に変わることもかなりあるようです。生ま...

一重まぶたは、上まぶたのに脂肪のつきがよく、厚みがあってふっくらとしているのが特徴です。これはモンゴロイドと呼ばれる日本人をはじめとする黄色人種に共通の特徴で、目頭が皮膚でおおわれる蒙古ひだとよばれるまぶたが特徴です。目が小さく見えるようなので、最近の日本人女性では一重まぶたを嫌う人もあるようですが、昔は一重の小さな目の持ち主が美人とされていた時代もありました。欧米の人種は、コーカソイドと呼ばれ、...

まぶたには上まぶたと下まぶたがあり、外部の刺激から眼球を保護する眼球表面に付着したゴミや埃を除去する眼球に水分を補給する目に入ってくる光量を調節するという働きがあります。(以上ウキペディアによる)自然におこるまばたきの回数は、大人の男性で約20回、女性で15回程度だそうです。女性の方が少ないのですね。意識的に起こすウインクなどは別として、自然なまばたきでも、脳が意欲的に活発に活動しているときや、快...

TOPへ