二重まぶたにする手術(小切開法・部分切開法)

まぶたが腫れぼったく、埋没法では不安な方(もとの一重にもどってしまうおそれのある方)にもおすすめの切開法で、わずか数ミリ切開するだけで、二重まぶたをつくる手術です。

 

埋没法と切開法の中間に位置する施術方法です。
糸で留めるだけの埋没法よりも安定的に二重まぶたが定着しやすく長持ちするそうです。

 

希望の二重の線の一部のみ切開し、余分な組織を取り除き縫合するわけですが、まぶたの脂肪が厚くはれぼったい人は余分な脂肪もその際に取り除くことができ、すっきりと自然な二重まぶたをつくることができるのだそうです。

 

傷跡をできるだけ目立たなくしたいという方に最適のようです。

 

腫れがひくのに約2週間かかるそうです。

 

小切開法の中でも、二重のラインにそって一箇所だけ切開する方法と、3ミリ程度の切開を2あるいは3個所切開する方法などもありますので、どんな方法をとるのかを事前によく聞いておくようにしたいものです。

TOPへ