二重は顔のシワ

普通シワというと、できては困るものですよね。特に顔や首にできるシワは。年齢が上がると自然な老化現象のひとつとしてどうしてもシワができてしまいます。
なぜシワができるのかというと、皮膚の下の水分や脂肪が減少してきて、弾力を失った皮膚が折れてもどらなくなってしまうからです。
二重まぶたの人はこのシワが目のラインにそってできている状態と同じなわけです。

 

二重のシワは誰も嫌がらないですし、むしろ歓迎されています。
同じように顔にできるシワでも、ある程度年齢がいった人の笑いジワなんかは、あってもいいシワといえるのではないでしょうか。
嫌がられるシワの代表は、ほうれいせん。おでこの横ジワ、眉間のたてジワでしょう。顔の表情の癖が固定されてシワはできるので、二重にするのもある意味、シワを固定させるという考え方でつくっていけるものです。

 

二重のシワは固定させれば、普通のシワ同様今度はもとに戻すことが難しくなります。ということは二重を定着させる方法がわかれば、何もしないで一重に戻ることはなくなると言えるのです。

 

シワをとるのでなくシワをわざとつける、というわけですから、その方法は、二重の位置に水分や脂肪を減らして、線の癖を残していくという方法と考えるといいと思います。その方法の一つに二重の手術があるのですが、手術で問題点がないわけではないのです。費用がたとえゼロであったとしても、手術には大きなリスクがあります。

 

これからの人生を明るく幸せに送るために、安全性の高い方法で二重が定着するようにしてください。

 

TOPへ