重たいまぶたになる原因の理解

重たいまぶた、ぽっちゃりとしたまぶた、ふくらんだようなまぶた、言い回しはいろいろとありますが、一重まぶたの中でもぼてっとふくらんだような重いまぶたは、生気に欠け、やる気のなさそうな印象となり、随分とその人のイメージをマイナスしてしまうことでしょう。

 

そんな重たいまぶたをなんとかしたいと思っているのに、いっこうにまぶたに変化がおこらないのは、当然です。重たいまぶたである原因を知らないために、なんらの改善方法もとれていないからです。

 

いつも重たいまぶたが続くのに、特に病気でないのであれば、むくみや睡眠不足やストレスではないかと考えられます。手術を受けて腫れやたるみをとることもできますが、体にメスをいれるのですから、危険も伴います。

 

そこでまずはあなたの重たいまぶたの原因を知る努力をして欲しいと思います。
たとえばむくみですが、これは老廃物がちゃんと流されずに、水分とともに閉じ込められているからです。朝むくみがあっても、じきに引いていくようであればいいのですが、何時間してもそのままというのであれば、リンパに働きかけるマッサージをおこなうと、すっきりとしたまぶたになるはずです。
むくみがとれると目の印象が随分と変わりますので、目の周りのマッサージを覚えておくといいでしょう。

 

TOPへ