顔筋を鍛えて小顔とパッチリ二重に

表情筋は目、口、鼻、耳などを動かすときに使う筋肉で、30数種類あるそうです。この表情筋は使わないとどんどん衰えてしまい、老化とあいまってシワやたるみを顔に作ってしまいます。手足の筋肉と同様ですね。普通に生活しているだけだと30%くらいしか使っていないようなので、何も対策をたてないと衰えるのは当たり前といえるでしょう。

 

体の他の筋肉を鍛えるのと同じで、顔の筋肉も鍛えるようにして老化を食い止めていきたいものです。現代人は表情筋をあまり使わないといわれています。つまり表情の変化が乏しいということ、それは喜怒哀楽をあまり表現しないということでしょう。
会って話しをしなくてもメールで会話ができる時代ですし、会話をしなくてもお買い物もできるし、困ることも減っています。
これからますます便利なものができてくるので、表情のない無口な人も増加するかもしれませんね。

 

放置しておくと、便利さと引き換えに鍛えなくなってしまった手足腰のように、衰えてあなたの顔にシワやたるみができてしまっては遅いのです。表情筋は幸い鍛えれば鍛えるほど老化が食い止められ、最近では継続して鍛えると、できてしまったほうれいせんさえ、うすくなっていくようですから、ぜひとも表情筋に注目して、しわたるみの原因をつくらないようにしていきましょう。

 

顔筋を鍛えると、しわやたるみを予防できるだけでなく、余分な脂肪もなくなるので、小顔になりぱっちりとした二重にもなれるのです。
その詳細につては、こちらを見てください。

 

TOPへ