人を見るときの第一印象での目の役割

心理学の中でメラビアンの法則というのがあります。これはアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンという人が1971年に提唱したものです。それによると人の第一印象は瞬時に決まってしまうそうで、中でも外見が55%を占めているというのです。
外見とはとりもなおさず顔つきや服装髪型などを含めたもので、これを瞬時に眼で観察して脳で人となりを判断しているようです。

 

外見のほかの要素は話し方が38%、話しの内容は7%となっていて、いかに最初の外見の大切さがいわれるかのゆえんです。

 

まして話しの内容などは、ある程度時間が必要なものですから、初対面でごく短い時間しか接触できないようない場合は、とにかく見た目の印象を重視しがちです。これはあなたにも経験があるのではないでしょうか。
見た目で一番重視されるのは、服装かもしれませんが、顔の印象つまり顔立ちと表情、それから体全体の雰囲気のようなものから総合して、相手の全体像を感じ取ろうとしているのではないでしょうか。

 

そして人の全体像の中心をなすものが、目(眼)です。その人の目つきというか目の力具合というか、目は心の安定や動揺を写しだす鏡のような存在ですから、相手の目からさまざまな情報をキャッチすることができます。
目に力があって勢いのある人は態度も堂々としていますし、うつろな目には体から発せられる力もなく、覇気のない印象は否めません。

 

瞬時に人を判断する、人の目と脳の能力も素晴らしいですが、目が表す体や心のありようは、相手の意識に即座にあなたの印象として残ってしまうという意味で、見る人の目の能力にはすぐれた力があるといえるでしょう。

TOPへ