身近におこるサインが病気のヒント

年齢を重ねると、目の機能も徐々に衰えてきます。人は誰でも体の機能が衰えるので、しかたのないことですが、およそ40歳くらいからは目の機能の低下があらわれてきます。あなたの身近な人で老眼鏡が必要な人もあると思いますが、目の老化そのものは20歳くらいから始まっているともいわれています。

 

老眼の場合ですと、近くが見づらくなってきて、新聞や本が読みにくくなることで、老眼を意識しだします。またよく目が疲れると感じるようになると、眼性疲労やドライアイが疑われます。

 

目がかすんだり、太陽の光がまぶしいと感じたりするようになると、これは白内障のはじまりの可能性があります。
ほかに年齢があがると、視野がかけたり、景色がゆがんで見えるということがおきるかもしれません。こんな自覚症状があれば、緑内障や網膜はく離といった病気の可能性もあります。

 

目の病気はほかに加齢黄はん変性、糖尿病性網膜症、飛蚊症(ひぶんしょう)、眼瞼下垂症(がんけんかすい)、涙目、結膜炎、ものもらいといった病気があります。
とにかく年齢があがるに従って、目のトラブルは増える傾向にありますので、事前に目の病気のことを少しでも知っておくといいですね。

TOPへ