眼精疲労に漢方はどうでしょうか

薬などを使って眼精疲労を治していくのではなく、身体に影響を与えない方法で治して行こうと思う人もとってもいます。

 

最近ではサプリメントが主体となっているようですが、サプリメントの他に漢方を使って改善して行こうという人もかなりいる様なのです。

 

眼精疲労と一言で言っても人によって症状が変わってきます。

 

頭痛を向き合う人、肩凝りに加わる人、めまいやストレスとして症状が出てきてしまう人等様々です。

 

こんな症状も合わせて自分に当てはまる方法で改善させて出向く事が大切となります。

 

たとえば「六味丸」という漢方が有りますが、頭がボーっとして集中力が乏しい時に効果を出します。

 

「八味地横丸」は疲れ、冷え症に効果が有る漢方だそうです。

 

「葛根湯」は薬にもなっていますが風邪に良い漢方です。

 

 

 

この「葛根湯」という漢方、頭痛や肩凝りの症状にも効果が在るそうです。

 

眼精疲労では頭痛や肩凝りの症状を働きかける人が多い為、そういった症状を改善させようという人もずいぶんいます。

 

しかし漢方を摂取するときどき呑み合わせを気を付けなくてはいけません。

 

これはサプリメントを摂取する時も同様の事ですが、他の薬を飲んでいる場合、その作用に影響する可能性を持っている漢方やサプリメントが有ります。

 

薬ではないので身体への影響は少ないですが、身体を嬉しい方向に持って出向く作用が有る事には変わりありません。

 

薬の効果とぶつかって作用を消し去ったり、逆に悪影響を出してしまっては意味が有りません。

 

漢方を呑む際には他に飲んでいる物との相性等に注意する必要が有ります。

TOPへ