ラティースは通販で手に入れられるのか

一日一括払いラティースをまつ毛の根元に塗るだけで、まつ毛が分厚く長くなると評判が厳しいまつ毛育毛剤です。

 

まつ毛がボリュームアップすると目の印象ががらっと替わりカワイイ目を手に入れる事が出来ます。

 

ラティースはアメリカで開発されましたが2009年に日本に入ってきて以来、美意識が厳しい女性達の注目を集めています。

 

 

 

そういうラティースですか、医薬品である事から手に入れる為には医師の処方箋が必要になります。

 

美容目的としての薬になりますので保健は適用されず全額自前になります。

 

薬代、受診代とお金がかかりますし、ラティースを扱っている病院に通う時間と手間もかかる様になります。

 

それは面倒という方もたくさんいるでしょう。

 

そこでひらめくのが通販です。

 

ラティースの通販は可能なのでしょうか。

 

 

 

インターネットで些か調べてみると通販に関する情報はたくさん出てきます。

 

通販自体は可能ですが日本国内で手に入れる為には先程も記述した通り処方箋が必要となります。

 

ですから処方箋が要らないアメリカからの個人輸入という形をとる事になるのです。

 

 

 

通販でラティースを手に入れると、時間と手間がかからない事、値段も制する事が出来ますので、それがメリットと言えるでしょう。

 

海外からの輸入になりますが、元々は緑内障の治療薬として使われていたので成分的にも安心して良いかと思われます。

 

但し、通販で個人輸入する事は断じてオススメやれるものではありません。

 

何に対してもそうですが、ラティースだって副作用が起きないとは限らないのです。

 

何よりついに使うとなると一段とですので、出来れば通販で個人輸入するよりは、医師の処方を受けた方が良いかと思うのです。

 

 

 

ジェネリック薬品にはラティースは薄いのでしょうか

 

ラティースを購入する為には医師の処方箋が必要という事も有り、毎月あたりに増える費用はずいぶんかかる事になってしまいます。

 

また毎月おんなじ金額をかけなければならないので負担も大きくなってしまいます。

 

大体毎月あたりの価格が12000〜15000円程だと言いますので、負担はおっきいでしょう。

 

 

 

なので、ラティースを安く手に入れる事が出来ないかと考えてみた所、思い付いたのが「ジェネリック薬品」です。

 

ジェネリック薬品はCMもご存知の通りおんなじ効果がある薬を安く提供していると話題の所です。

 

探してみるとラティースのジェネリック版は「ケアプロスト」という名前で売られていました。

 

1本あたり大体毎月分の容量が有って6000円位のお値段で提供していますので、ラティースを個人輸入するよりも安く入手する事が出来るのです。

 

勿論、どうしても安くて成分的には大丈夫なの?と心配になる方もいると思いますが、成分的にも概ね同じで作られていますし、効果も同じ位だと思います。

 

ただただラティースには薬をまつ毛につける為の専用ブラシが付いているのですが、それが欠けるという差だけかもしれません。

 

そのブラシを自分で用意したとしてもジェネリックの「ケアプロスト」の値段がラティースの半額と言うのはなかなか大きな差だと当てはまると思います。

 

 

 

ジェネリック薬品の「ケアプロスト」を購入するも、「ラティース」を購入するも自分の身体に合うかどうか判断を医師に仰がなくてはなりません。

 

またジェネリックも医薬品になりますので医師の処方を受けた上で購入する事が大切になります。

 

 

 

ラティースの個人輸入

 

顔の中それでも目の印象ってホントに大切ですよね。

 

ビューラーやマスカラ等、メイクによって目の印象を変えている人はたくさんいます。

 

それほどふさふさしたボリュームまつ毛に憧れている人が多いという現実なのです。

 

そういった憧れが現実のものになるかもしれないものが「ラティース」というまつ毛用の育毛剤になります。

 

あんな夢の様な育毛剤があるのだとしたらいきなりほしいですよね。

 

ただし問題はそのラティースの値段ではないでしょうか。

 

 

 

ラティースは医薬品として販売されていますので、日本では医師の処方が無ければ購入する事は出来ません。

 

また医薬品ですが美容目的の薬になりますので保険適用外となります。

 

その為に1本あたりのお値段が100005千円前後になる様です。

 

またその容量は1ヶ月分となりますのでちょっと高めになるでしょう。

 

ますます、ラティースは継続して続けなくてはならないので毎月100005千円かかるとなると幾らか見まがうというのです。

 

なので安く買いたいならばお勧めは個人輸入です。

 

インターネットを調べてみると個人輸入の代行屋がたくさんショップを開いています。

 

アメリカからの輸入になるのですがお値段的には1〜2割程度割安になる位だそうです。

 

値段だけで考えるならば「ルミガン」という緑内障用の薬を購入すると二度と統べる事が出来ます。

 

 

 

日本では処方が無いと購入できないラティースを個人輸入する事自体不安に思うでしょうが、法律的には何の問題もないそうです。

 

ただし個人輸入を通じて使った場合トラブルが起こる事も考えられます。

 

その場合は全て自己責任でなければなりませんので、その点を充分に理解して購入しなければならないのです。

 

 

ラティースはインターネットのショップで購入出来るのでしょうか

 

少なくてボリュームが無くて悩んでいるまつ毛が厚く長く繋がるとして話題になっているのが、まつ毛育毛剤のラティースです。

 

開発元はアメリカで、まつ毛の発毛促進効果が認められるとしてFDAの認可も受けた薬になります。

 

医薬品として使われていますので医師の処方が必要になるのですが、個人輸入などでも購入出来る様です。

 

ただし、薬を直接まつ毛の所に塗り付ける様になりますので、アレルギー体質等色んな事情で薬を使えない方もいると思います。

 

そう言うチェックもしてくれますので出来れば最初は医師の診断を仰いで購入した方が良いと思います。

 

 

 

ラティースは塗り積み重ねる事でまつ毛の状態をボリュームアップさせてくれるので、効果を持続させる為には継続して使う事が必要になります。

 

ですから取り扱う度に医者をめぐって処方してもらってとなるとかなりの手間暇、自由診療という事でお金が掛かる事になり、取り扱う事自体が大して可能では無くなります。

 

 

 

あんなラティースですが、楽天を始めとしたインターネットショッピング等でたくさん取り扱われている様なのです。

 

売っていると言っても個人輸入を代行してもらえるという形になりますので、注文してから個人輸入で輸入し、商品が行きつくという流れになるようです。

 

海外からの輸入となると、品質的に大丈夫なのか、ちゃんと手元に行き着くのか心配される方もいるでしょうが、大抵は大丈夫だと思います。

 

但し、個人輸入をするは責任が全部自分に見て取れるという事になるので、購入するときは美しく考えた方が良いでしょう。

 

この様に、インターネットショッピングもラティースを購入する事が可能なのです。

TOPへ