ラティースの副作用とは

日本では2009年に医療用としてまつ毛の育毛剤「ラティース」が導入変わる様になりました。

 

ラティースはアメリカで開発された育毛剤でFDAの認可を通している医療用の者になります。

 

その効果の高さから厳しい人気を誇っている薬です。

 

 

 

人々日本人にとってまつ毛が分厚く、長く、多くと言うのは夢の様な話かもしれません。

 

極めてまつ毛の事で悩んでマスカラや付けまつ毛、ビューラーを多用している人も多い事でしょう。

 

その悩みが解決されるとなるならばラティースにおいてみたいと思う人は随分いる事だと思います。

 

ただし、医療用として出ている以上気になるのはその副作用ではないでしょうか。

 

では、ラティースによる場合の副作用にはどういうものが有るのかまだまだ挙げてみましょう。

 

 

 

ラティースによる場合でとにかく数多く考えられる副作用が、充血や目のかゆみ等の症状になります。

 

当然使った人誰もがこの副作用を起こす訳ではなく、使っている人の5%未満程の方に生ずる様ですのであまり心配する事は無いと思います。

 

更に副作用はそれだけではなく、目が乾いたり、使う事によって瞼へのシミも出たりする場合も有りますので注意が必要ですが、気になる方はラティースの使用を中止する様にください。

 

症状が治まると思います。

 

 

 

ラティース自体は本来副作用が少ない薬になりますが、使う人によっては副作用が出る場合が有りますので注意して下さい。

 

また医療用ですのでラティースを入手するには医師の処方箋を得なくてはなりませんが、個人輸入する事も出来る様ですので、この場合は自己責任において購入しなくてはならない事を認識しておきましょう。

 

 

 

ラティースへの期待

 

自分自身のまつ毛が長く陥る、厚く達する、増えると言うのが評判のまつ毛育毛剤ラティース。

 

まつ毛のケアとしては世界初として注目を集めている商品になります。

 

開発元はアメリカになり、アメリカでは大ヒットを記録しています。

 

そのラティースが2009年に日本に導入された事で色んな期待が高まっている様です。

 

 

 

女性達にとって美は永遠のテーマだと思います。

 

更にまつ毛に関して悩んでいる方は大勢いるでしょう。

 

そんな方達にとっては非常に興味が沸くケアだと思うのです。

 

ただし、日本では依然として導入されて日も浅い事もあって、その効果がどれだけのものなのか気になる所ではないでしょうか。

 

 

 

ラティースを臨床実験した結果を見てみると、「長くなった」と答えた人が全体の3割弱、「増えた」と答えた人が概して全員、「濃くなった」と答えた人が全体の2割程だと言いますからその効果の高さは一目瞭然ではないでしょうか。

 

アメリカではFDAと言う所が正式に「効果が在る」と認可していますので益々期待が上がる商品と言えそうです。

 

 

 

しかし、ラティースによるからと言ってすっと効果が現れる訳では有りません。

 

効果を実感出来るまでに大体2ヶ月ほどはかかると言われています。

 

当然個人差が有りますので一概には言えませんが、根気よく使っても効果が出る人、出ない人がいますのでそれは仕方が無い事かもしれません。

 

但し、ラティースの口コミを見てみても、評判を聞いてみても評価はかなり高いですので期待しても良いかもしれませんね。

 

 

 

ラティースとルミガン

 

まつ毛の育毛剤として注目されているのが「ラティース」と「ルミガン」という2つの育毛剤です。

 

この2つの育毛剤はアメリカの同一製薬会社から販売されている物になります。

 

インターネットでこの2つを調べてみると価格にかなり差が有る事が分かります。

 

その値段の違いは色々言うと用途ではないかと思います。

 

美容目的で通じるのがラティース、治療として通じるのがルミガンになります。

 

かつてルミガンは緑内障の施術として使われていたものです。

 

その副作用としてまつ毛が長くなったり、厚くなったりしていたのです。

 

その副作用を美容目的として再利用したのがラティースなのです。

 

ですから、美容目的か治療目的か目的が違うだけで、この2つの中身自体はおんなじものなのです。

 

中身が同じなのならおんなじ名前で売れば嬉しいじゃないと思いますが、ラティースは美容目的という事も有り、まつ毛に薬をつける為の専用ブラシが付いていますので、その違いが有るのではないかと思われます。

 

 

 

内容が同じなので有れば、ルミガンによる方が値段的に安くなるのではないでしょうか。

 

しかし専用ブラシは付いていませんので使用方法を注意してやる事が必要になります。

 

お値段的事も有り、現在の日本ではラティースよりルミガンを求めたり、知名度が高かったりしているらしいです。

 

ラティースは継続的に使わなければなりません。

 

その為にコストが毎月要る事になりますので、出来れば抑えたい所でしょう。

 

その選択肢においてルミガンという薬も見て取れる事を覚えておきましょう。

 

 

ラティースとリバイタラッシュ

 

まつ毛用の育毛剤としてラティースに注目が集まっている様ですが、まつ毛用の美容液として発売されている「リバイタラッシュ」という商品にも注目が集まっているようです。

 

 

 

この2つの商品ですがおんなじ様で本当は違いが何かと有ります。

 

ラティースの方はビマトプロストという成分が塞がり、根っから緑内障の手当てとして使われていたものを通じて出来たものです。

 

購入する為には医師の処方が必要になる医薬品になっています。

 

対してリバイタラッシュですが、ラティースと違って医薬成分は全然含まれていません。

 

コスメティックスとしての取り扱いになりますので通常の美容液と同じとしてくれれば良いと思いますので手軽に購入する事が出来ます。

 

どちらにしてもまつ毛に関する商品という事になります。

 

 

 

では気になるのが両方の効果に関する事だと思いますが、とも人気が高い事から効果はある程度期待出来ますが、それは個人差が有りますので一概には言えません。

 

でも選ぶときのラインを挙げてみたいと思います。

 

先ずはラティースについてですが、アメリカのFDAが認可しているから効果の高さ、安心の高さ、使いやすさが売りの様です。

 

対してリバイタラッシュはコスメティックスとしての扱いになりますので、手に入れやすいという事、付け方もマスカラの様に簡単に付けられるという事、安いという事が売りとなっています。

 

ラティースは使用できるのが上まつ毛だけになるのですが、リバイタラッシュは上下のまつ毛に使えるのでその点も違う所ではないでしょうか。

 

どちらを選択するかは好みですので、自分の使い勝手が良い方を選ぶと良いかもしれませんね。

TOPへ