まつ毛の育毛剤と美容液

まつ毛を伸ばしたり、分厚くしたり、濃くしたりする事を目的に販売されている商品には、まつ毛用育毛剤やまつ毛美容液なんかが有ります。

 

代表的なものとしては育毛剤ならばラティース、美容液ならばリバイタラッシュ等ではないでしょうか。

 

ラティースとリバイタラッシュ、つまり育毛剤と美容液の違いを明確に出せと言われると困ってしまいますが、違いをわざと書くと、育毛剤のラティースの方は医薬品、美容液のリバイタラッシュの方は化粧品という違いだと思います。

 

 

 

育毛剤の方にはまつ毛の毛根、細胞に直接発毛を促せる成分が配合されています。

 

それによって毛の周期を少なくしたり、長くしたりする事が出来るのです。

 

またまつ毛が生えていない部分にも発毛をさせて贈る事が出来るのです。

 

一段と真新しいまつ毛が生える事でコシやハリも出して見せる事が出来ます。

 

対してまつ毛の美容液の方は発毛という概念は有りません。

 

今あるまつ毛に対してケアを通してやるというものになります。

 

まつ毛に美容液の栄養分をしっかりと与えてあげてケアを通して行く、それにより次に生えてくるまつ毛が健康なものになるというものです。

 

まつ毛が栄養充分で健康的で有れば自然と分厚く長くなってくるものだと思います。

 

再度育毛剤と銘打っていても美容液の様な形の商品も販売されているので、何かと調べてみると良いかもしれませんね。

 

 

 

どちらにしても、結果はまつ毛のボリュームアップになりますので、後は使い勝手と手軽さ、お値段と相談してどちらを選ぶか決めたら良いかもしれませんね。

 

 

まつ毛のケア

 

ラティースはまつ毛の育毛剤として人気が見て取れる商品です。

 

ラティースを使用してまつ毛をボリュームアップさせたとしても日々のケアを大事にしないとあっと言う間に、傷んだり抜けたりというまつ毛になってしまいます。

 

ラティースとしてボリュームアップさせてもメイク場合マスカラをさすが念入りに付けて仕舞う人もいるというのです。

 

但し、夜しっかりそのメイクを落とさなければいけません。

 

出来ればメイクと同じ時間をクレンジングにもかけてあげた方が良いというのです。

 

 

 

まつ毛をクレンジングする際ですが、きちんと落とそうとしてゴシゴシ擦り洗いを通じてはいないでしょうか。

 

これは絶対にしてはいけない事です。

 

ゴシゴシ洗うとまつ毛に負担がかかってしまいます。

 

グングン眼の周りも擦っているので、シミが出来たりシワが出来たり等の原因にもなってしまうのです。

 

まつ毛をクレンジングするときのふさわしい方法は、まつ毛専用のリムーバーというものが有りますので、それをコットンに充分に含ませてまつ毛の上にヒソヒソ置き、リムーバー剤をまつ毛に充分に馴染ませてからコットンをそっと横か下にずらして1回だけこする様にして落とします。

 

これだけでまつ毛のクレンジングは出来るのです。

 

1回で落ちない方は、ふたたびまつ毛にリムーバーを広める所から繰り返して行いましょう。

 

擦らずひそひそが基本です。

 

 

 

クレンジングと洗顔が終わった所でラティースを垂らしたり、まつ毛の美容液を置きたりすると効果も激しく出やすくなると思います。

 

まつ毛のケアはしっかりとメイクを落として差し上げる事、傷めない様に丁寧にクレンジングする事が大切になるのです。

 

 

ラティースで出来ない下まつ毛のケア

 

ラティースでは下まつ毛の方に直接塗り付ける事はないので、上まつ毛だけ育毛されるという状態になってしまいますが、本当は下まつ毛もかなり重要だってご存知でしたでしょうか。

 

上まつ毛に対して下まつ毛は狭くていやに不安感じがします。

 

その不安感じの下まつ毛にしっかりメイクをするのですから別途下まつ毛が傷んできますよね。

 

下まつ毛用のエクステやパーマも有りますから傷んで仕舞う事は必至だと思うのです。

 

だからこそ下まつ毛のケアもしっかりしてあげないといけないというのです。

 

 

 

ラティースを使う場合は上まつ毛に塗り付ける事になり、下まつ毛には置きません。

 

その為に下まつ毛には何もしないのかという疑問の声も出てくるかと思いますが、夜寝る前に上まつ毛に付けたラティースの成分が、目を閉じて寝る事によって下まつ毛の方にも浸透していきます。

 

 

上まつ毛に付いているラティースで下まつ毛も一緒にケアしていこうという考えになるので、放っておいてはいないという事を理解しておきましょう。

 

下まつ毛は細かくて少ない分上まつ毛より浸透が速いし、効果が出るのも手っ取り早いというのです。

 

ですから上まつ毛程しっかり塗らなくても良いという考え方からなのかもしれませんね。

 

 

 

また、でも心配なという方は、下まつ毛にも塗れるまつ毛用美容液としてみてはいかがでしょうか。

 

下まつ毛もボリュームアップさせる事でアイメイクをしっかりしなくても最適まつ毛が手に入ると思いますよ。

TOPへ