視力の悪いかたへ

近年の日本では、視力の乏しいかたが非常に増えましたね。

 

メガネを掛けているかたも多いですが、掛けていなくてもほとんどのかたがコンタクトレンズを通していると言います。

 

周りを見回してみても、視力が良いというかたは本当に短いように思いますが、皆さまの周りではいかがでしょうか。

 

最近では、メガネも心からお洒落になり、実際には視力がひどくなくても、ファッションにおいて掛けているかたも多くいらっしゃるようですし、コンタクトレンズも同じで、ファッションにおいてカラーのコンタクトレンズを入れているかたが増えています。

 

見た目だけでは、必ずや視力が良いのか低いのか判断がつきかねますが、何より低いかたが多いように思えますね。

 

また、ういういしいころには大変喜ばしい視力であっても、年を取るとともに悪くなるかたも多いです。

 

恐らくそれは、環境のせいなのでしょう。

 

遠くを、見極める機会が少なくなり、目の前のテレビやパソコン、ゲームの画面ばかり観ているからですね。

 

視界を封じるものがわずかアフリカの草原で暮らしている民族などは、皆、2.0を遥かに制する視力を持っています。

 

日本で生活する分には、2.0ほどの視力も必要ありませんが、どうしても視力が悪くてメガネやコンタクトレンズのお世話になるよりは、そのようなものが無用ほうが良いですよね。

 

本当に、視力回復の方法は色々あるようですが、そんなことをするよりも、メガネやコンタクトレンズに頼るだけのかたが多いようです。

 

視力を押し流すために最も手軽ですから仕方のないことでしょう。

 

ですが、果たして視力回復を実現する方法があるのなら、試してみたいか。

 

ブログでは、そんな方法を何かと紹介しつつ、皆さまとご一緒に考えてみたいと思います。

 

 

 

視力が悪いことの不自由さ

視力の良いかたにあんまり理解してもらえないのが、視力が悪いことの不自由さでしょうね。

 

離れたところの文字やものが敢然と見えないことが、これ程不自由であるのか・・・というのは、視力が悪くなってはじめて実感することです。

 

多くのかたは、学生時代にこれを経験するのではないでしょうか。

 

そうです、最初は、黒板の文字が思え難くなった、というところから始まるようです。

 

少し前まで普通に見えていた黒板の文字が思えなくなったときのショック。

 

若しくは、席替えを通して、後ろの方の席に変わった時、黒板の文字が見えないことに対するショック。

 

このとも、とても衝撃的なものであったでしょう。

 

学生である以上、黒板の文字が見えないということは致命的とも言えます。

 

ですから、対策としてご両親のどちらかと共に、メガネ屋さんへと足を運ぶことになったでしょう。

 

大人になっていて視力が悪くなった場合には、どうしても危機感はないでしょうが、やはり仕事をするうえで不便なことは多いですし、自動車の免許を売る場合も視力が悪いといけませんね。

 

スポーツを楽しむ場合にもメガネが邪魔になることが多々ありますし、温泉などでもメガネは実際不便です。

 

職業によっては、一定以上の視力がないとその職に就けないというものさえありますね。

 

視力が良くて不便ということは聞いたことがありませんが、低いのは明らかに不便で不自由ですから、視力回復の良い方法があれば、どなたでも引っかかるものです。

 

現時点では、視力回復のための方法というと如何なるものがあるでしょう。

 

次回は、そのあたりをお話してみましょう。

 

 

 

視力回復するための手段1

現在、視力回復するための方法として、如何なるものがありますか。

 

ご存じのものを挙げて下さい・・・と言いましたら、いくつくらい挙げられますか。

 

一先ず、その中にはメガネやコンタクトレンズも入れることといたしましょう。

 

3つか4つくらいは見なし浮かびましたか。

 

メガネやコンタクトレンズは、視力回復のためにやはり用いられている手段であると思いますが、この方法の場合には、自分の目だけでは・・・つまり裸眼では視力が悪いままであるため、メガネやコンタクトレンズという道具が必要となりますね。

 

これらを購入して、日々使用しないといけません。

 

また、コンタクトレンズの中には幾らか変わった方法で視力回復させて得るものもあります。

 

睡眠中に眼に装着しておくコンタクトレンズですが、ご存じでしょうか。

 

なぜ、何も見分けることのない睡眠中にコンタクトレンズを装着しているのかといいますと、睡眠中の数時間の間に、眼の角膜の形を乗りかえるためなのです。

 

わかりやすく言いますと、コンタクトレンズによって角膜に癖付けすると申しましょうか・・・メガネやコンタクトレンズを装着していなくても、角膜がレンズの役割を果たすような形に癖付けされていますのでものが良く見えるようになるのです。

 

つまり、睡眠時間にコンタクトレンズを装着して、朝にそれを外した場合角膜は一気に元の形には戻らず、一般的には夜まで癖付けされたままになっているのです。

 

ただし、次の日にはもはや癖付けが取れてしまいますから、また夜眠る場合新たに癖付けをするという方法です。

 

この方法につきましては、後日、再び記事にしたいと思いますのでお待ち下さい。

 

 

 

視力回復するための手段2

前回のコンタクトレンズを使用した風変わりな視力回復方法はいかがでしたか。

 

ご存じ無いかたも、至極いらっしゃったのではないでしょうか。

 

後日、細かく説明いたしますので、もう少し、お待ちいただければと思います。

 

近年、急激に流行り出した視力回復法として、レーシックがありますね。

 

レーザーで角膜を適切な厚さに切り詰めることによって、あっという間に視力を取り返すことが出来る画期的な方法です。

 

レーシック自体は、なかなか以前からあった方法ではありますが、その技術が日本で見て取れるのが遅かったことと、初期のころには莫大な費用がかかったという点で、結構レーシックを受けたいというかたがいませんでした。

 

但し、現在では、日本のどこででも頂けるようになり、費用の面でもずいぶんと下がりました。

 

それにより、芸能人やスポーツマンだけでなく、一般のかたがたも多数、レーシックで視力を取り返すようになったのです。

 

こちらもまた後日わかり易い説明をいたしますが、レーシックの手術を行えばメガネもコンタクトレンズもなしで、1.0や1.5の視力になりますから、チャレンジしたかたはみなさん大変喜んでいらっしゃるようですね。

 

また、視力が落ちてしまった初期のころに大変効果的のが、目の運動やマッサージによる視力回復方法です。

 

視力回復のための訓練と呼ばれることが多いようですが、このような教室なども時おり見掛けることがありますし、また、ご自宅でトレーニングする教材なども販売されているようですね。

 

このような訓練方法につきましても、後日、細かくご紹介する予定です。

TOPへ