近視の原因1

視力回復をするためには、さまざまな方法があるわけですが、手術などの手段を用いないで視力回復を行おうと思った場合、とにかく視力が落ちた原因というものを知っておいた方が良いでしょう。

 

また、手術などであっという間に1.5程度まで視力を戻したとしても、やはり視力が落ちる原因を知らないでいると、もう、視力は落ちてしまう。

 

手術をしたからとうに永遠に1.5でいられるとしているかたも多いようですが、本当はそういうわけではないのです。

 

視力が落ちて仕舞うような小さい癖が残っていたり、乏しい環境の中にいることで、また視力は落ちてゆきます。

 

ですから、前もって原因は知っておくべきだと思います。

 

原因を知っていれば、視力回復のための方法もよく理解できるでしょうし、何とか回復した視力をまた悪くしてしまうこともないでしょう。

 

だいたい、視力が悪くなる原因のいくつかは、皆さま、すでにご存じですね。

 

ただ、最初にひとつお話しておきたいのは、近視になって仕舞う確かな原因というものは、現在のところいまだに解明されていないのです。

 

どれもが、ひとつの「説」でしかないのですね。

 

これは、皆さまにとって意外な事実であったかもしれませんが、事実そうなのです。

 

勿論、長い研究の末の有力な説ですから、とことん、参考にしていけるものばかりです。

 

それを踏まえたうえで、近視の原因というものを知っていただけたらとしています。

 

具体的な原因につきましては、次回、お話させていただきます。

 

 

 

近視の原因2

本日は具体的な視力低下の原因についてお話してみたいと思います。

 

皆さまが、視力低下の原因だと思っているのは、いかなることでしょうか。

 

一般的によく言われているのは、両親又は片方の親が近視のために遺伝したから・・・ということでしょう。

 

そうして、もうひとつはテレビを近くで見続けたり、パソコンにいつ間もかじりついていたり、ゲームばかりやっていたから。

 

さらに、明るさが不十分な場所で漫画や本を読んだりしていたから。

 

多くのかたがたは、これらのことが原因だと思っていらっしゃるのではないでしょうか。

 

本当に、その通りで間違ってはいません。

 

これらは、視力が落ちる原因として上位に言えるものです。

 

遺伝に関しましては、視力に関する遺伝子までもが特定されています。

 

それを紐解きますと、いくつの時に近視になり始めて、いくつまでにどのあたりまで進行するのか・・・そのようなことまでがうまれつき決まっていると考えられているのです。

 

これは素晴らしいことですね。

 

また、通常、近視は8歳から12歳までの間に発現して、ほとんどの場合、青年期を通じてゆるゆる進行してゆき、成人になると頭打ちになるということもわかっています。

 

遺伝が原因となりますと、視力回復の方法などないのではないかと心配されるかたもいらっしゃるでしょうが、あんなことはありません。

 

遺伝だからと諦めずに自分自身で一生懸命トレーニングする方法もありますし、手術してしまえば一気に視力回復しますから、安心して下さいと思います。

 

 

 

近視の原因3

近視の原因は遺伝だけではありませんね。

 

遺伝のほかにも、当然のように仰る原因がありますが、それはテレビやパソコン画面を長時間見続けるということです。

 

テレビを見るところ、あっという間に真ん前を陣取って観積み重ねるというかたは、そんなに多くないと思います。

 

ですが、最近では大画面のテレビを購入しているお宅も非常に多くなりました。

 

その画面の大きさと比較したときに、さきほどすぎるのではないか、という位置でご覧になるかたは多数いらっしゃると思います。

 

また、テレビ画面でゲームをするような時折、概してテレビの真ん前で画面を観ながら行なうことが多いでしょう。

 

しかも、ゲームですから、まばたきする間もなくテレビ画面を凝視することになりますね。

 

それでは、これらを改善する方法があれば一番良いのですが・・・。

 

このような事を毎日、数時間ずつ続けたとして、ほとんどのかたが視力の低下を実感するのではないでしょうか。

 

但し、このようなことが視力低下の原因だと断言出来ないでいるのは、このような事をしても、視力が低下とめるかたもいらっしゃるからなのですね。

 

大多数のかたが視力低下しても、数人ほどでも変化のないかたがいれば、それは100%ということにはなりませんからね。

 

ですが、このような行為は一般的に視力の低下を招く行為であるのは事実です。

 

ならば、視力回復を望むのであれば、このような事はとっくに決してするべきではないでしょう。

 

何らかの方法によって視力回復を果たした後でも、このような行為をすることで、また元に還る可能性も充分にありますから、注意をしなくてはなりません。

 

パソコンで仕事をしているかたは、その仕事を辞めるに関してにもいきませんよね。

 

であれば、その場合には1時間画面に向かったら少々休むなどの配慮が必要でしょう。

 

 

 

近視の原因4

近視の原因として良く言われるものはそれほどありますね。

 

そうです、物悲しい照明下での読書です。

 

寝る前に読書をするというかたは、けっこう多いようですが、その時に照明の明るさを普段よりもおとして読んでいるかたが多いようです。

 

パーフェクト明るさのないところで、詳しい文字を読み積み重ねることで、視力が低下してしまうことも実際にあります。

 

ですが、こちらも予め前回のテレビなどの画面を近くで観積み重ねる場合と同じように、そのようにしたからといって、あまり全員の視力が低下するかというと、そうではないのですね。

 

ことごとく、何人かの例外がいらっしゃるのです。

 

ですが、物悲しい照明下での読書を至って取り止めるかたに比べますと、しているかたのほうが視力低下しているのも事実なのです。

 

これとはまた別の、照明に関する研究結果がありますが、赤ちゃんのころ、夜も灯りを押し付けたままのお部屋で寝かせていますとその子供は近視になりやすいという報告もあります。

 

但し、これも今のところ確かなものではありません。

 

赤ちゃんのころ、ご自分の両親が照明をどういたのか・・・ということは、もう一度今さらかなりしようがありませんが、照明の明るさを落として読書することは、すぐにでも断ち切ることができますね。

 

やめたからといって、それだけで視力回復するわけではありませんが、現在よりもどんどんひどくすることは防げるでしょう。

 

また、何らかの視力回復方法を通している最中、そしてその後では断じて取り止めるほうが喜ばしい行為でもあります。

 

視力回復に取り組んだのなら、情けない習慣は全て切り捨てることが、どんどん手早く回復する方法ともなるでしょう。

 

 

 

近視の原因5

ここまで近視の原因が色々出てまいりました。

 

皆さまの多くが、ご存じの原因が多かったと思いますがどうでしょうか。

 

原因が分かってくると共々、視力回復のためのとっかかりというものも掴めてきましたか。

 

多少なりとも視力回復させたいのであれば、今以上に視力を低下打ち切るということも重要なことですからね。

 

後にご紹介するさまざまな視力回復方法を実行して頂くためにも、今から視力を低下させる悪い習慣を断ち切ってしまいましょう。

 

さて、これまで出てきた以外にも依然として視力低下の原因はあります。

 

本日、ご紹介するものは、ちょっと意外なものかもしれません。

 

それでは、栄養説です。

 

視力の低下には、栄養など誠に関係ないとは言い切れないものが確かにあると思います。

 

たとえば皆さまご存じの通り、ビタミンAが不足することで夜盲症という病気になることもありますね。

 

栄養とのつながりも現在のところ敢然としたものではありませんが、ひとつの説として頭にいれておいても良いと思います。

 

これは、目に喜ばしい栄養素を混ぜるという方法で簡単に解決しそうですが・・・。

 

また、成長期に睡眠時間が不足した場合にも近視になりやすいという説もありますよ。

 

これは、比較的、皆さまに当てはまることではないでしょうか。

 

近視のかた、いかがですか。

 

やはり、かなりの睡眠不足であったかたでも近視になっていないかたもいらっしゃるでしょう。

 

こちらも現在のところそれでは依然としてつながりが断然とはしていません。

TOPへ