視力回復方法(レーシック1)

本当に本日は、最近、非常に話題になっているレーシックのご紹介です。

 

レーシックについては、各種噂が飛び交っているのですが、皆さまは、どのようにお感じになっているのでしょう。

 

近視のかたでしたら、まずはやってみたいと思う視力回復方法ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

 

レーシックという方法は、きわめて簡単に説明するとすれば、角膜をレーザーで抑えることによって屈折率を調整し、視力回復をはかる方法のことを言います。

 

眼球の内部ではないにしろ、角膜に傷をつけるわけですから、戦慄を抱きつくかたが多いのも仕方のないことでしょう。

 

ですが、とにかくレーシックを通してしまえば、その後は二度と器具などを一切使用せずに、1.5程度の視力がさらに貫くわけです。

 

レーシックを行ったかたからは、まるっきり生まれ変わったような気持ちになったという話をよく耳にします。

 

そんな有難い視力回復方法のレーシックではありますが、何しろこの手術を受ける前に、前もって知っておいて下さいことが、いくつかあります。

 

視力回復は万能のように語られるレーシックではありますが、最も合併症や後遺症が顕れることがあるのですね。

 

また、行った全てのレーシックが成功に関してにはいきません。

 

きわめて稀ではありますが、失敗としか思えない症状が出てしまう場合もあるのです。

 

現在、大人気のレーシックですから、これらはロット取り上げて、わかり易い説明をした方が良いでしょう。

 

次回はレーシックによる合併症や後遺症のお話をすることにいたしましょう。

 

 

 

視力回復方法(レーシック2)

視力回復の方法として、現在最も脚光を浴びているレーシックですが、この万能と思える視力回復方法にも、多少のリスクはつきまといます。

 

まさにレーシックを受ける前に、それらを知っておいた方が良いと思いますので、本日はレーシックによる合併症と後遺症についてお話してみたいと思います。

 

無論これらの合併症や後遺症に関しましては、全員が発症するわけではありません。

 

多くのかたが発症する症状もあれば、極めて少数のかただけが発症する症状もありますことを踏まえたうえで、お読み下さい。

 

レーシックを受けることによって、割と多くのかたに症状が出てしまうのが「ドライアイ」です。

 

これは、目が乾燥するという症状でありまして、レーシックを通じていなくても、コンタクトレンズを長時間つけているかたに数多く行き渡る症状として有名です。

 

がんらいも涙の量が少ないために、目薬がないと目が乾燥して痛みも出てくることになります。

 

レーシックの場合には、レーザーを角膜に放射する際に涙腺も一緒に焼いてしまうことになります。

 

ですが、この涙腺は3カ月程度で再生して頂けるが、それまでの間、ドライアイの症状が出るということになります。

 

レーシックの後、どんどんというわけではありませんし、がんらいドライアイを感じたことのないかたであれば、症状が出ない確率も高いですから、それほどの心配は取り除けると思います。

 

レーシックを受ける前から、ドライアイ気味であったかたは、症状がどんどん激しく来る可能性はあります。

 

3カ月程度の間は、頻繁な目薬で対応すれば大丈夫でしょう。

 

 

 

視力回復方法(レーシック3)

視力回復なら、レーシック・・・と言われるくらい最近では人気のレーシックですが、多少の合併症や後遺症はありますので、注意を通じて下さい。

 

今のところ、リスクゼロで視力回復する方法といえば、メガネか目のトレーニング法しかありません。

 

他の方法には、幾らかリスクがつきまといます。

 

レーシックに関しましても、前回お話いたしましたドライアイだけに留まらず他にもいくつかありますから、本日も引き続きお話してくる。

 

今回も専門用語になりますが、「ハロ・グレア」という症状が出る場合があります。

 

近視のかたでしたら分かるかもしれませんが、夜間に外灯や車のライトなど光るものを見た時に、異常にまぶしく感じたり光が凄まじく思えたりする症状です。

 

これはレーシックによって矯正された部分と、そうでない部分から来る光が、乱屈折を起こすために起こる現象なのですね。

 

この症状が出やすいタイプのかたがいまして、物悲しいところであっても黒目のサイズがおっきいかたがそれに当てはまる。

 

これを暗所瞳孔径(あんしょどうこうけい)と言います。

 

ハロ・グレアの症状が出ることで何が参るのかと申しますと、夜も光の多い場所に行きますと、まぶしくもらい、ますます街全体がぼやけて窺えるようになります。

 

とくに気をつけたいのは、夜に車の運転をなさるかたです。

 

ハイビームなどの光が異常にまぶしく見まがうようになるでしょう。

 

ですが、当然車の運転ができなくなるということはありませんし、暗所瞳孔径は年をとるとともに小さくなってゆきますから、徐々にまぶしさが改善されてゆくことも考えられます。

 

 

 

視力回復方法(レーシック4)

本日もまた、レーシックの合併症、後遺症についてお話したいと思います。

 

これまでお話いたしました、ドライアイやハロ・グレア・・・どのくらいの確率であなたにも発症するのか、それは誰にもわかりません。

 

ドライアイやハロ・グレアの症状が出たとしても、視力回復はなされていますから、あとはレーシックを受けたかたの歓喜がどの程度かによるのではないでしょうか。

 

視力回復の好ましい効果は、多少のドライアイやハロ・グレアを凌ぐ場合も多いでしょう。

 

レーシックのおかげで視力回復し、はなはだ感謝しているかたもたくさんいらっしゃいますからデメリットばかりにとらわれないよう・・・但し、マイナスの面もあるということは、しっかりと覚えておきましょう。

 

レーシックという視力回復方法を施したあとでは、「角膜混濁」という症状が出ることがあります。

 

これは、その名前からも推測可能と思いますが、角膜が白く濁ってしまって視界が白い霧に包まれたようになって仕舞う症状です。

 

現在、レーシックという方法にもいくつかの種類があるのですが、レーシックの中の、エピレーシックと呼ばれる方法やPRKと呼ばれる方法、そしてLASEKと呼ばれる方法など、フラップ(角膜の蓋)を低く仕立てるタイプの手術(あるいは作らないタイプ)の際に、殊に起き易い症状です。

 

これらのレーシックの術式は、将来的にフラップは無くなってしまうが、一時的に薄くなって残っていることがあります。

 

その部分が紫外線に反応することで白く濁って仕舞うことになるのです。

 

これを防ぐためには、UVカットのサングラスをしたり、出掛ける時にはしっかり日傘やつばの大きい帽子を使用するなど、しっかりとした紫外線対策が必要になって来る。

 

また、紫外線だけでなく、角膜上皮細胞が再生する際、不規則に再生してしまい、透過性が低下することによることもあります。

 

 

 

視力回復方法(レーシック5)

レーシックという視力回復方法は、万能のように思えていたでしょうが、何かと合併症や後遺症があるということをお分かりになっていかがでしょうか。

 

これまでよりも、レーシックをしてみたい気持ちがなくなってしまいましたか。

 

他の視力回復方法にも、目が行くようになったでしょうか。

 

全ての方法のメリット、デメリットをお分かりになったうえでできると良いと思います。

 

では、引き続き本日もレーシックの合併症・後遺症についてお話いたします。

 

レーシックの後、夜間視力が低下する場合があります。

 

これは、前々回のハロ・グレアの記事もお話いたしました、暗所瞳孔径の大きさが関係して来ることです。

 

人間の黒目というのは、暗闇もものを見ようとして多くの光を欲するため黒目が著しく広がります。

 

この広がりがレーシックで矯正された部分よりも広く広がって仕舞うことで起こります。

 

暗所瞳孔径が大きければ大きいほど、夜間視力が低下してしまうのですね。

 

当然、これも全員に起こることではなく、暗所瞳孔径のサイズ次第で個人差がありますから、レーシックを受ける前に医師がお話してくれるのではないかと思います。

 

お話が出なかった場合には、聞いてみると良いでしょう。

 

また、レーシックの後、白目部分が充血するという症状を名乗るかたがなかなかいらっしゃいます。

 

一般的な充血とは見た目がちょい違っていて、血液が白目に溜まっているような状態です。

 

一見、白目の一部が真っ赤になっていますから驚くかもしれませんが、3週間程度で鎮まる症状ですので心配はありません。

 

 

 

視力回復方法(レーシック6)

レーシックによる合併症・後遺症のお話、本日も続けてゆきたいと思います。

 

レーシックという視力回復方法を望んであるかたは、流石、その前に検査もありますし、医師から各種お話があると思いますが、中には、このような合併症や後遺症について、細かく話してくれない医師もいるわけです。

 

そのためにも、予め自分自身で知識を持ち歩いていることは重要です。

 

こちらから問い掛けることで、医師もきちんと答えてくれるでしょう。

 

仮に、あやふやにして答えてくれないようであれば、医師を変えた方が良いということになります。

 

さて、レーシックという手術では、角膜にフラップという蓋を決めることになるのですが、このフラップが切れてしまったり、歪んでしまったりすることがあります。

 

これが起こった場合には最手術が必要となりますが、最近のレーシックでは、完全コンピューター制御がなされているイントラレーザーという特殊なレンズによるレーザーを使用するようになりましたので、このフラップの不良はずいぶんと少なくなっています。

 

以前のマイクロケラトームを使用していたところ出ることが多かったのですね。

 

執刀医のミスによる場合もありますので、執刀医を選ぶことで、このリスクを限りなくゼロに近付けることは可能です。

 

フラップの下に、砂模様らしき混濁が見られる場合は、「サハラ砂漠症候群」と呼ばれる合併症です。

 

これは、以前にお話いたしました角膜混濁とは異なり、砂模様になるのです。

 

この原因は、現在、特定されてはいません。

 

手術後の点眼薬や角膜炎が原因ではないかと言われています。

 

対処方法も原因によって変わりますから、おしなべていうことは出来ないのです。

 

合併症や後遺症に関しましては、今回でおわりです。

 

次回は、レーシックという視力回復方法が失敗に終わった時についてお話いたしましょう。

 

 

 

視力回復方法(レーシック7)

皆さまの多くが万能としている視力回復方法のレーシック。

 

これも各種合併症や後遺症についてお話させていただきましたが、二度とリスクのない万能な方法と言えるものではありません。

 

ですが、だからといって激しく後悔するような合併症や後遺症が少ないことも事実です。

 

ところで、このレーシックという視力回復方法には「失敗」に関してがあるのでしょうか。

 

それともないのでしょうか。

 

あるとしたならば、それはいかなる状態を言うのでしょうか。

 

とにかく、お尋ねしたいのは、レーシックでの失敗といいますと皆さまはいかなる状態をお考えになりますか。

 

おおかた多くのかたは、真っ先に失明を考えるのではないでしょうか。

 

または、全然視力が回復しなかった場合などではないでしょうか。

 

とっくのことになりますが、某医院におきまして、レーシックに使用する器具の消毒を怠っていたために、失明したという例がありましたね。

 

当時は非常に騒がれました。

 

ですが、実際にはレーシックという手術そのものが原因で失明したという例は、現在のところ世界中にわずか一件もないのです。

 

別の意味で驚かれたかもしれません。

 

ただし、これでずいぶんと安心していただけたのではないでしょうか。

 

では一体、レーシックにおける失敗とはいかなる事だとお思いですか。

 

失明ではなく、失敗に関してがあるのでしたら、ぜひともその内容を引っかかるですよね。

 

それについては、次回また細かくお話させていただきます。

 

 

 

視力回復方法(レーシック8)

レーシックは、最近話題の視力回復方法ですので、どんどん明るい説明が必要かと、もっと今回で8回目になりました。

 

本日は、レーシックにおける「失敗」についてのお話でしたね。

 

例えば、レーシックで2.0まで回復した視力が、その後しばらくして、1.5程度まで落ちてしまったからには、あなたはそれを失敗だと思いますでしょうか。

 

では、1.0まで回復した視力が、0.5程度まで落ちてしまったら、それはどうして思いますか。

 

とも0.5下がることになるのですが、とらえる感覚は人によって違いますでしょう。

 

恐らく、後者のほうを失敗だととらえるかたが多いのではないでしょうか。

 

前者のほうは、仮に1.0まで下がるとしても失敗というかたは、そんなふうに安いように思います。

 

レーシックにおける失敗というのは、そういうことであるのです。

 

ですが、これはよくあることで、「失敗」とは言いにくいものでもあります。

 

レーシックという手術によってはないからですね。

 

いざ、元の視力まで戻って仕舞うということはありませんが、視力がちょっぴり下りるケースは多いと言えるでしょう。

 

理由は、角膜を抑えるわけですから少なくなった角膜に眼圧が掛かることで、再度、角膜の形状が変わってしまうということが挙げられます。

 

また、人間の身体というのは、傷付いた部分を元に戻そうとする働きがありますから、そんな作用によって角膜の厚みが増すことも考えられます。

 

ひいては、以前、ブログ内でもお話してきたように、視力低下する原因となる行為を続けてしまったために視力低下を招くこともあるでしょう。

 

レーシックは素晴らしい視力回復方法ではありますが、回復した視力が永遠に貫くわけではないということも覚えておかなくてはならないでしょう。

TOPへ