メリットとデメリット

レーシックをまさに受けた人の声を参考にメリットとデメリットについてまとめてみます。

 

レーシックのメリットは、眼鏡やコンタクトレンズを貰う必要がなくなって、費用面が使えること。

 

今まではお風呂やプールなどでは何も思えなかったのに、映るようになったこと。

 

車の運転中にコンタクトレンズが逸れるなどの心配がなくなったため、安心して運転出来るようになったこと。

 

風が強い日に外出すると目にごみが入るのが嫌で億劫でしたが、その心配がなくなったために外出が楽になったこと。

 

頭痛や肩こりが解消されたこと。

 

きれいにぶれずに目が感じることが結構良かったなどの声があります。

 

 

反対にデメリットは、どうしても手術の失敗の危険があることが一番に挙げられます。

 

しっかりとした医師がふさわしい方法で、ちゃんとメンテナンスをされた機器によってレーシックをすれば、失敗の可能性はない安全なものです。

 

この場合失敗するというのは、失明するということではなく、矯正視力が出にくいということです。

 

矯正視力の低下についても、しっかりとした医師によって適切な処置がされればはなはだ防ぐことが出来るものなのです。

 

患者さんの中には目の症状が悪化してしまう人もいます。

 

治療後に視力表では視力が良くなっていたとしても、夜間などのコントラストが低下している状況においては視力が低下する人もいます。

 

ハロやグレアなどの症状は手術後2週間程度、多くの人が感じる症状です。

 

フラップが完全についていなことなどが原因として考えられています。

 

人によってはハロやグレアが一生続いて仕舞う人もいます。

 

ただしきちんとした病院で手術を受ければこのリスクは防げるため、病院選びが大切なポイントとなるのです。

 

 

 

失敗と原因

レーシックは世界で安穏が認められた視力回復手術です。

 

但し絶対安全である手術はありえません。

 

レーシックが失敗する可能性はかなり小さいものの、必ずしもゼロではないのです。

 

手術で扱う機器は精密なものそれで、一概にメンテナンスを通していないと誤差がでてくる。

 

利益を優先して決められている基準を一概に守らない医師のもとで手術を行うと失敗する可能性が高くなるのです。

 

医者選びが至極大切なことなのです。

 

医師選びを一概にすれば防げるレーシックの失敗例をいくつか見ていきます。

 

 

一門目はさっきまだまだ紹介した「ハロ」と「グレア」についてです。

 

これは夜間に光がにじんでいるように思えたり、まぶしく感じたりしてしまうことを言います。

 

通常はフラップが完全に欠けるときに生ずることで、手術後多少すると治まって行くものです。

 

但し中には一生貫く人もいます。

 

これは夜間に瞳孔が解くサイズよりレーザーの照射口径が小さすぎたときに来ることです。

 

これは手術前に物悲しい場所できちんと瞳孔のサイズを測定しておけば防ぐことができる失敗例です。

 

まずは最初からレーザーの照射径を大きくしておけばハロやグレアにならないのではないかとおもう人もいると思います。

 

ただし最初から大きくしてしまうと切除する角膜の量が増えて仕舞うためこういった方法は行わないのが一般的です。

 

レーシックは外科的手術で、とにかく削った角膜を元に引き戻すことができない手術です。

 

 

 

失敗と原因その2

続いてのレーシックによる失敗と原因は「ドライアイ」です。

 

涙の量が不足して目が乾燥して仕舞うことをドライアイと言います。

 

目が乾くことで目がしょぼしょぼとしたり、痛みがでたり、傷つきやすくなったりします。

 

レーシックの手術後少しの間は、フラップをつくるために神経が切断されてドライアイが起こると言われています。

 

ただし通常は神経が再生してくると手術前の涙量に戻ります。

 

それが半永久的に貫くドライアイの場合、レーシックの際に開瞼器において目を大きくあけすぎたことによると考えられています。

 

目が極端に狭苦しい人の場合、大きな開瞼器を使用打ち切る方が安全だということです。

 

 

再び1つの失敗と原因は「視力低下」です。

 

レーシックは視力回復を図るための方法です。

 

但しその手術によって視力が低下してしまうこともあるのです。

 

厳密にいうと失敗には入らないかもしれませんが、近視の進行がまだとまっていないうちにレーシックにあたってしまったり、目を酷使しすぎてしまったりすると稀に視力が低下することもあるそうです。

 

あるいは体のナチュラルヒーリングパワーによって、手術前の状態に戻そうと体が働いて結果視力が元に戻って仕舞うことがあります。

 

この場合は角膜の厚みが足りるならば再手術することも可能です。

 

眼圧の厳しい人の場合、フラップがきちんと欠けるときに視力が低下してしまうことがあります。

 

これは角膜の下部分でのみ目を支えているからです。

 

このような場合は、フラップが完全に付くまで目薬で眼圧を下げ続けていけば、フラップがついたあと視力を安定させることができます。

TOPへ