リスク

レーシック手術をすることによるリスクがあるのかどうか、多くの人が気になることだと思います。

 

実際にレーシックを受けた人の口コミなどを見ると、すべての人がよろしい結果を述べているわけではないため余計に気になるところです。

 

レーシックを通じて失明をするといった大きな失敗はほとんど無いので心配しなくて大丈夫だと思います。

 

しかしながらリスクは安いのですが、必ずしもゼロではないことを覚えておいてください。

 

手術をするわけですから、ある程度受ける側にもリスクを覚悟しておく必要があります。

 

 

レーシック手術を行うと、いやに高い割合で視力回復を図ることができます。

 

しかしながら物悲しいところそれではものが見づらく陥るというリスクもあります。

 

レーシックはリスクがとっても乏しい治療とは言えません。

 

レーシック施術をすると日常生活に支障がでるほどではないけれど物悲しい場所でものが見づらいことが割から数%の割合で起こります。

 

普段から物悲しい場所で仕事をしなければいけない人や、物悲しいところでものを探さなければいけない人は注意しなければいけません。

 

手術後角膜が安定することで症状が改善されるケースもあります。

 

 

反対に、嬉しい場所において今までよりまぶしさを激しく受取ることもあります。

 

それほど治療して数日は光がはなはだ眩しく感じられて、目も疲れやすい状態になっています。

 

これも角膜が安定してきて、目が光の調整機能を整えてくれば改善されます。

 

先ほども少し述べましたが、手術後にドライアイになるというリスクもあります。

 

単に手術をする前からドライアイの症状があった人の場合、その症状が顕著に現れてしまうことがあります。

 

医師に相談して、症状が手強い場合には目薬を処方してもらうようにしてください。

 

この症状はひと月程度すると改善してくると思います。

 

このようにレーシックをすることで、成功の喜びだけではなく、失敗のリスクもあることを知った上で手術を検討するようにしてください。

 

 

 

失明

レーシックの手術をしようか何とか悩んでいる人の多くがレーシックを受けることによるリスクを気にしていると思います。

 

どんどんその中それでも心配されるのがほんとに失明するのかどうかという無事についてのことだと思います。

 

実際にレーシックで失明した人がいるのかどうかですが、現在日本においてレーシックによって失明した人は誰もいません。

 

一層プロフェショナルに話を聞くとレーシック手術によって失明する可能性はだいたい絶対ありえないとのことです。

 

総じて絶対ありえないと言いきれる理由は何なのか考えてみます。

 

これはレーシック手術をするときに直接医師がメスで角膜を切っているわけではなく、角膜を自動的に削ることが出来る機械において行っているので不自然にミスが起こりにくい状況にあるのです。

 

再び通常行われるレーシック手術では角膜の表面を低く削っているだけなので、傷をつけたために失明するほどの深層個所にまでふれることがないことも理由として挙げられます。

 

機械において立ち向かう手術なので、安全対策にも十分に注意しています。

 

手術中に停電した際など非常時の安全対策も倍、三重にとられているので、失敗のない安全なシステムであると言えるのです。

 

但しいかほど安全な機械を使うといってもどこの病院もよろしいというわけではないのです。

 

失明のデメリットはないも、感染症や合併症、炎症などの失敗があるため手術後のサポートなどがしっかりと整っている病院を選ぶようにした方がいいと思います。

 

 

 

失敗しない理由

最近は有名芸能人もレーシックをする人がたくさんいて、世間けれども話題になってきています。

 

けれども目の中にメスを含めるということに抵抗がある人も多いと思います。

 

失敗する不安を心配するのは当然のことだと思います。

 

但し実際にはレーシック手術をした患者さんの95%以上もの人が1.5以上の視力回復を果たしています。

 

失明するような失敗は日本において1件も発生していません。

 

残りの5%の人も1.5以上まではいかないも、元々の視力よりも良くなっています。

 

 

まずはレーシック手術が失敗しない理由は何なのか考えてみます。

 

レーシック手術をするときには、事前に検査をします。

 

この検査でレーシック手術をすることか出来るかどうか患者さんの目の状態を見て判断します。

 

そのため検査でレーシックが可能と判断されたものに関しては、ほとんどの人が視力を1.5以上に回復することができているのです。

 

 

厳密にいうのであれば、レーシックが導入された直後の15年ほど前に近視矯正手術やレーシックに関して2件の訴訟が起きています。

 

しかしながらこれは15年以上も前の話であり、科学は飛躍的に進歩している今、レーシック手術において失明するということは皆無に近いです。

 

ですからレーシックを通してみようかどうか悩んでいる人も安心していいと思います。

 

但し体質によって、合併症や副作用が起こることはあり得ますのでその点は理解しておいて下さい。

 

この不安を多少なりとも引き下げるためにも、信頼出来る病院、医師を選ぶことが大切なのです。

TOPへ