再手術

レーシックを受けた人の中で5%くらいの人が再手術を通じているそうです。

 

これは強度の近視の人の例です。

 

再手術はそれほど手術の失敗によるものだけではないのです。

 

原因はレーシックを受けた後の日常生活にもあります。

 

たとえばパソコンを長時間使ったり、ゲームに熱中して何時間もやり続けてしまったりして目を酷使することで近視が戻ってしまいます。

 

このような生活を続けていることは視力回復の妨げとなります。

 

薄暗い中で目を使う生活をしているのも近視が戻って仕舞う原因になるので、注意しなければいけません。

 

他にもレーシック手術を受けた場合、近視が進行中の場合、手術で一斉視力回復を通じても近視に返る可能性が高くなります。

 

通常こういったケースでは医師が事前検査で目の状態を調べて、手術を求めないと思います。

 

自分の近視が進行中かどうか一概に眼科で調べてもらってレーシックをするかどうか判断しないといけないのです。

 

これを押し切って手術すると手術が失敗する可能性が高くなってしまいます。

 

仮にレーシックを受けた後に近視が舞い戻ることになってしまったら、再手術をすることができます。

 

もう検査を通じて角膜の厚みが手術の出来る状態か確認します。

 

 

他にも再手術をする例として、角膜の削り取り具合で再手術をした方が好ましいこともあります。

 

レーシックは角膜が薄くなってしまうとできないので、再手術は何度も出来るものではありません。

 

ただし再手術してほとんどの場合が1回の手術で済んでいます。

 

そのことによる恐怖やリスクは少ないため心配しなくていいと思います。

 

角膜の状態などをみて医師が再手術はできないと判断したならば、レーシックの再手術はできません。

 

このように視力回復が満足のいく結果にまで到達しないことがあることも知っておいてください。

 

 

 

レーシック後の制限

手術後の成功、失敗だけではなく、レーシック手術を受けた後の日常生活をいかにして越すかによっても失敗することがあることはわかっていただけたと思います。

 

それを踏まえた上で、レーシック後の制限についてお話します。

 

レーシックでは日帰りで手術を受けることができて、手術をした翌日には会社へ行くこともできます。

 

このような手軽さもあって、慌ただしい奴には宜しい視力回復方法として注目されています。

 

但しリスクヘッジをするためにも、日常生活へ戻ったあと医師の指導を守ってきちんとした生活を送らなければいけません。

 

ここからは自己管理の問題です。

 

 

レーシックをした後は、視力に慣れるまでの間、危険を伴います。

 

そのため車の運転は控えた方がいいと思います。

 

手術をした翌日に仕事へ行くことは問題ありませんが、目を酷使するような仕事の場合、少しずつ目を馴らしていかなければいけません。

 

運動に関しても医師の指示通りにしなければいけません。

 

水泳やすごいスポーツは手術後月額間控えた方がいいです。

 

また女性の場合、洗顔やお化粧などをするときにも、なるべく目の中に入らないように、目を著しくこすらないように気をつけなければいけません。

 

コスメが目に入ってしまうと合併症を起こす危険があります。

 

手術を受けた後は、医師から処方された薬を正しく飲んで、睡眠をしっかりと取り、目をつぎ込みすぎないようにすることが大切です。

 

病院へ手術後の定期検診も忘れずに行くようにください。

 

これらを守って出向くことで合併症や感染症を起こすリスクを多少なりとも燃やすことができます。

 

このような制限は手術後月額程度です。

 

ちゃんと守って視力回復を維持できるようにしてください。

 

 

 

手術後トラブル

他の手術と同様にレーシックの手術にもやはりトラブルが起きています。

 

1回のレーシック手術だけでは視力回復の効果を得ることができなかったという失敗例や合併症によって再手術が必要になってしまった失敗例などで話が違うと病院側と患者側がトラブルになることもあります。

 

レーシックで行なう視力回復手術では、角膜を削ってフラップという蓋を作ります。

 

このフラップ作りに、医師の技術が必要とされます。

 

そのためこの点においてもよくトラブルが報告されています。

 

医師の技術不足によってフラップを上手く作り上げることができずに乱視が治らないとか、良くなるどころか症状が悪化してしまう最悪の失敗もあります。

 

レーシックを受ける時として、レーシック手術の経験が豊富な医師に依頼する方が確実です。

 

 

レーシックではレーザーを使って屈折を調節しています。

 

この方法はコンピューターが制御して行っているため、トラブルが起きることは考えられません。

 

但し医師がレーザーの照射位置を間違えてしまうと、視力回復効果が思うように得られなくてトラブルになってしまう。

 

どんなに安全だと言われているレーシック手術もある程度のリスクは覚悟の上で受けるようにした方がいいと思います。

 

料金の安さだけで病院を選んで手術にあたってしまうと、手術後にトラブルになる元となるので、料金だけで判断するのはやめたほうがいいと思います。

 

しかしながら信頼出来る経験豊富な医師のもとでレーシック手術を行えば、このようなトラブルも起きずに安心して受けることができますから、レーシック自体をそこまで不安に思うことはないと思います。

 

 

 

後遺症

失明の危険はなく、リスクが少ない視力回復手術として知られているレーシックです。

 

但し失敗がないわけではありません。

 

まさにレーシック手術を受けたあと、後遺症に悩まされている人がいるのです。

 

安全で早く視力を回復することが出来る手段としてレーシックを受けた人のほとんどが満足しています。

 

ただし失敗するリスクが低いとはいえ、合併症が起こることは知っておかなければいけません。

 

 

レーシックの手術による後遺症としては、「重度のドライアイ」になることがあります。

 

ドライアイは目に潤いがなくなり、ものがかすんで思えたり、視力が悪くなってしまったりする可能性があるもので時間経過とともに自然治癒する場合と、長期的に治療が必要な場合があります。

 

レーシック手術をした後、物悲しい場所でものが思えづらく至るというのも後遺症のひとつです。

 

日中はレーシックによる視力回復の効果を実感したとしても、夜間になるとレーシック前よりも思え難くなってしまうのです。

 

このような症状の場合も時間経過とともに自然治癒する場合と、後遺症として残ってしまう場合があります。

 

レーシック手術を行う医師や取り扱う機械によって乱視の後遺症が残ってしまうこともあります。

 

ひどくなると近々症状が悪化していきます。

 

レーシックの手術による後遺症のほとんどは、自然に治癒していきます。

 

ただし中には長期的に治療が必要になる場合がありますから、手術を受ける前に医師からこのようなリスクについてきちんとした説明にあたっておかなければいけません。

TOPへ