カラコンを規則正しく着けましょう

近年カラコンが口コミで人気を高めています。

 

色んな口コミが有りますので、お気に入りのカラコンを見つけてオシャレを楽しんでいる人はたくさんいる事と思います。

 

そういったカラコンやコンタクトレンズの様な医療機器は、正に取り扱う事が本当に大切になります。

 

まさしく使うという事は規則正しい着け方をするという事なので、マスターしておくと良いと思いますよ。

 

カラコンは眼鏡と違って直接角膜に装着する物です。

 

目には皮膚が無い為、細菌が入ってしまうと炎症を起こしてしまう率が有ります。

 

ですから注意して装着する必要が見て取れるのです。

 

先ずはカラコンを着ける手に関する注意ですが、手には色んな細菌が付いています。

 

ですから手を石鹸で洗って細菌を洗い流す事が大切です。

 

次に爪をはおる事です。

 

爪が伸びていると装着場合ふとレンズや目を傷を付けて仕舞う可能性が有りますので、出来れば切っておいた方が良いでしょう。

 

次にレンズの裏表をきちんと確認して指の上にレンズを乗せましょう。

 

裏表が逆になったまま装着してしまうと、レンズの縁で瞼を傷付けてしまう可能性が有りますので注意してください。

 

正に附ける際ですが、目を広く開けて指を以て目の中に押し込む様にしてレンズを着る等、着けやすさには個人差が有ります。

 

自分が着け易い着け方を何だかんだ試して発見してくださいね。

 

最後に目が乾燥するという方はカラコン専用の目薬を常備しておく様にください。

 

水分が無くなってしまうと、目が乾燥してしまい、思わぬ炎症を引き起こしてしまう可能性が有りますので注意しましょう。

 

 

カラコンの試着を通じてみよう

目のオシャレを楽しみたいとして、カラコンを利用したいとしている方は結構多い様に思えます。

 

ただしカラコンによる事が弱い場合、洋服と違って実にイメージが掴みにくい様に映るのです。

 

カラコンには茶色や青、赤、白、黒、縁有り、縁無し、グラデーション有り、グラデーション無し等、たくさんの種類が有ります。

 

そこでオススメなのが購入前にカラコンを試着してみるという事です。

 

試着する方法には2つの方法が有って、カラコンを取り扱っている実店舗に出向き実際に試させて買う方法。

 

もう1つはスマートフォンのアプリにおいて自分の写真において試しに着けさせてみるという方法になります。

 

口コミで見てみると結構アプリにおいて、どのカラコンを購入しようか試している方はいるみたいです。

 

実店舗で試そうというと、実際のイメージが至急分かるというメリットがある反面、何枚も試着しにくいというデメリットが有ります。

 

但しアプリだと実際に着けてみるという事が出来ないデメリットがある反面、何枚でもスキなだけ付け替えて見る事が出来るというメリットが有ります。

 

また夜中それでも通学・通勤中それでもいつでも出来ますので、時間に拘束される事が無いと言うのも大きなメリットですよね。

 

口コミで見ても、こんなアプリにおいてイメージを読む事で、カラコンの購入の失敗を未然に防げたという方が多い様に思います。

 

カラコンも使用頻度が多い程コストがかかってきてしまいますので、こういう失敗を防ぐ意味でもこんなアプリを利用すると言うのは凄いオススメだと思うのです。

 

 

上手にカラコンを装着する方法

カラコンや通常のコンタクトレンズを装着する場合、慣れている人であれば至急取りはずしが可能だと思うのですが、初心者等、慣れていない人は装着だけでもすごい大変だと思います。

 

自分で装着してみた時、あまりにも装着できなくて結局カラコン自体止めてしまったという人も多い様です。

 

口コミを見てみると装着するのに10分以上もかかったり、傷を付けてしまったりして何枚も無駄にしたりとか多々困難だという人が多いのです。

 

口コミ等でも凄く人気のカラコンを上手に活かす為に、上手にカラコンを装着する方法を挙げてみたいと思いますので参考にして下さい。

 

先ずは装着前には手を石鹸で洗って雑菌や汚れを落としておきます。

 

そのままの手だと雑菌や汚れがレンズと共に目に付着してしまい、目のトラブルを引き起こす原因ともなりますので注意しましょう。

 

次にレンズに埃が欠けるか確認してください。

 

付いている場合には保存液で洗う等して省く様にください。

 

この時そんなに水道水で洗わない様に注意してくださいね。

 

次に入れ方だが、先ずは顔を下に向けて、顔が当てはまる様に鏡を真下に置いて下さい。

 

次に指で上まぶたと下まぶたを力一杯開いて眼球をすごく出します。

 

次に目線を上に決める様にし、その状態でカラコンを来れる様にすると入りやすい様です。

 

以上が上手にカラコンを装着する方法になりますが、これそれでも慣れるまでには何度か失敗が有るかもしれません。

 

けれども何度か働く内に慣れると思いますので、諦めずにチャレンジしてみて下さいね。

TOPへ