乱視用のカラコン使用の注意点とは!?

近頃では、目が悪い人は眼鏡・・というと比べるとコンタクトを利用する方が多くなってきました
昔から眼鏡をかけていた人のケースは、目が悪い人という想像でしたが、話をしてみると、私目が悪くて、実はコンタクトだったんだ!なんて会話はよくあることです。
眼鏡をかけていれば一発で目が悪い人だということが分かりますが、コンタクトをしていたら目が悪い人かどうかは、その人に聴かないと分からないものです。
さて、そういったコンタクトをいつも活用している人だとしても、案外きっちりとアフターケアをしていない人もいるやうです。
そこで、乱視用のコンタクトやカラコンを利用するにあたっての注意点をみていきたいとおもいます。
まずは、おストアーやネットでカラコンを申し込む前には、行きつけや近くの眼科で検査と装着指導を受けましょう。
カラコン初心者ですと、やはりあっさりとつけるのは不安です。
カラコンを利用する前には、品物の添付文書(取扱解説書)をよく読みましょう。
解説書をよく読んで整然扱い方を行うことが必要です
そして、カラコンの交換サイクルを守りましょう。
よくこのカラコン2週間用なんだけど2週間たってもまだ利用してるー!なんて人の声を聞き及びますよね
それは、絶対にNGです。
目を傷めてしまいますよ。
次にカラコンの装用時間を守りましょう。
カラコンにもつけていていい時間というのが決まっているのだようです。
確かに、あまりいくらかの時間目のなかにものを投入していて、いいわけがありませんもんね。

乱視用のカラコンを使うときって何に注意したらいいの!?

皆さん視力はいい方ですか?今の時代のお子さんは、案外目が悪い子がたくさんようです。
この理由はやはり、よく言うゲームのやりすぎによるのでしょうか。
確かに、一点をよく見つめていると目が悪化するなんてことききますよね。
遠くを見ると良いだとか・・ずーっと一点ばっかりを集中してみていると、確かに目が悪くなりそうな気はします。
さて、近頃では度入りのカラコンなんてのも早いっていますよね。
ひと昔前は乱視用ではカラコンは利用できなかったやうですが、今は眼鏡替りにもなるし、オシャレにもなるしで、一石二鳥ということで特に若者の間では正統派になってきているやうです。
というのはいいつつも、やはり目にものを投入するわけですので、カラコンを利用するにあたってはいくつか注意点があります。
その注意点を少しばっかり見てみましょう。
まずはなんといっても取扱手法を守って正しく利用する!ということです。
特に取扱解説書なんて読まなくても平気!と思ってつかっている人も沢山でしょうが、やはり取り付ける前に、必ず一通りは目を通しておく必要があります。
そして、破損したレンズは絶対に使わないこと!これは、カラコン利用では鉄則です。
傷がついたカラコンを目に投入することによって、絶対に目は傷つきます。
痛いおもいを行うのもあなたです。
あというのは、案外みんな怠ってしまうのが、定期検診です。
眼科医の定期検診を3〜6ヶ月に1回は受診しましょう。
めんどくさいから行かない・・という人も沢山でしょうが、キーポイントな目です。
目を傷つけない為にも眼科医は必ず定期的に通いましょう。

乱視用のカラコンをネットで買うときの注意点

今の時代はネットでなんだとしても買える時代になってきました。
買い物するには絶対ネットで!という人もいれば、ネットは信用出来ないから、ストアーに行ってありのままに目で見て確かめてから買いたいという方から色々だとおもいます。
ネットというのは、ありのままにストアーに行かなくてもいいので面倒くさくてはないのですがいくつか落とし穴はあります。
まずは、冒頭だとしても述べたとおりにありのままにのものを確かめてからオーダーすることが出来ないということ。
それから、それに伴い、ありのままに思っていた品物というのは想像が違ったということ
そして、ありのままに返品するにあたってもこちらの都合のケースは、送料をこちらで負担して返送しなければならないということ。
あというのは、オーダー額面によっては送料がかかってしまうということです。
確かにストアー頭でオーダーしたケース比べると安いのが特長ですので、ありのままににストアー頭に行ってものを確かめてからネットで買うという賢い手法もあります。
さて、ネットでのカラコンをオーダーするにあたっての注意点というのがあります。
まずは、目に投入するものをネットでオーダーするので、コンタクト自体が初めての方は、ありのままにに眼科医等に出向いて、自分の視力の検査や、コンタクトの装着手法等を教えてもらう必要があります。
何も自分の視力も、装着手法もわからずに、ただ安いからといってネットでカラコンをオーダーしても、つけ方もわらないし、間違った度数のものを頼んでしまっては、交換しなくてはなりません。
きっちりと、自分の度数等を知ったうえでネットでオーダーする必要がありますね。

乱視,カラコン,視力,装着方法,眼科医

TOPへ