目元のしわ改善に効果的なマッサージ方法A

その微妙な皮膚に負担をかけない事が何と比べると重大です。

 

そこで、マッサージ用のクリームを必ず利用して下さい

 

クリームを利用せずに素手で行ってしまうと、余分な力と摩擦が目元の皮膚へと伝わってしまい、却ってしわの原因となったり、くすみやクマの原因ともなる恐れがあります。

 

こんなようでは本末転倒ですね。

 

自分が思っていると比べると目元の皮膚は薄く・デリケートという事を頭では、クリームを潤滑剤にして刺激を出来るだけ与えないようにしていきましょう。

 

そのクリームですが、直ぐに目元にあてるのではなく、手のひらでまず温めてソフトにしてあげましょう。

 

これがたいせつな下準備です。

 

ここからクリームを利用してマッサージを行っていきます。

 

●マッサージのやり方●1.手のひらで温めたクリームを優しく目の周囲に伸ばしてく2.目の疲れを確保する中指と薬指をこめかみにあてて、手前にひくように2回、回転させましょう。

 

その後、軽く圧をかけてあげて、ゆっくりとこめかみから指を離していきます。

 

これを2セットおこなう事で、目の疲れが改善していきます。

 

お勤めがデスクワークの方等は、疲れを感じた時にこのマッサージをおこなうとスッキリしますので、おススメです。

 

3.しわケアの為のマッサージ目の疲れを取ったら、マッサージを開始していきます。

 

利用する指は、人差し指と中指、そして薬指です。

 

この3本の指を軽く眉頭では下さい。

 

その眉頭からまぶたの上を取って、目頭に戻るように軽い力で2セット、マッサージをします。
目元のしわ改善に効果的なマッサージ方法A、目の悩みや眼科の豆知識やコラムなどまとめています。二重まぶたになる方法も掲載しています。

目元のしわ改善に効果的なマッサージ方法B

目元のしわ改善に効果的なマッサージ方法A

 

このマッサージによって、目の付近の皮膚が刺激を受けるので、毛細血管の血液が停滞している有り様を改善してくれます。

 

血行がよくなると、しわだけに限らず、血行不良が原因によるクマも改善されていきます。

 

●注意点●・何度もお伝えしていますが、目元の皮膚は凄く薄いので、強力にマッサージしたケースでは却って皮膚への負担が大きくなってしまい、より深くしわが出来たり、くすみやクマが出来てしまうので、優しく皮膚を撫でるような気持で行ってください。

 

・このマッサージはやればやっただけ早急に効力が出るというものではありません。

 

記載した回数は、皮膚への負担を考慮して効力のある回数をご案内しているので、決められている回数は守るようにしましょう。

 

・顔のマッサージは、3日に1度くらいで大丈夫です。

 

毎日行っても差し支えありませんが、やりすぎてしまうと却ってしわを作ってしまうケースがあるので注意は必要です

 

●クリームに対して●ここでのマッサージのお目当てはあくまで肌の血行を改善して活発化させる事です。

 

ですので、クリームを選択する際に栄養原材料が贅沢に入ったマッサージクリームをわざわざ買入する必要はありません。

 

ただ、訳がないというわけではありません。

 

マッサージによって血行がよくなれば、その分栄養原材料も浸透し易い有り様へとチェンジしているという事です

 

ですので、保湿原材料をこの段階でも取り投入していきたいという方は、そうした栄養原材料の入っているクリームを使用しておこなうと良いでしょう。
目元のしわ改善に効果的なマッサージ方法B、目の悩みや眼科の豆知識やコラムなどまとめています。二重まぶたになる方法も掲載しています。

目元のしわ改善に効果的なマッサージ方法C

目元のしわ改善に効果的なマッサージ方法A

 

又、目元用に別のマッサージクリームをオーダーする必要もありません。

 

顔のマッサージの一部として考えて頂いて大丈夫ですので、お手持ちのクリームを活用して行っていってください。

 

●マッサージの効用●肌の生成に欠かせない組織として、真皮層のコラーゲンやエラスチンが代表的な原材料として挙げられますが、これらの原材料は肌の弾力であったり、潤いを保っていく為には必要な組織です。

 

ですが、これらの組織は年齢を重ねていく中で衰えてしまっていったり、紫外線などの外部からの刺激によって繊維が切れてしまったり、弱まってしまったりします。

 

しかしながら、これらの組織は衰えたらそのままという訳ではなく、日々のケアのなかで十分に栄養補給を行っていく事で改善し、復活する事の出来る組織です

 

その栄養補給の取り方は2通り。

 

1つはボディーの外側から補っていく方式。

 

そして、もう一つは内部から補っていく方式です

 

外側からの補給は化粧水や乳液・クリームなどのスキンケアグッズ。

 

そして内部から補っていく方式はお食事です。

 

そして、随一の栄養補給として大切なのは、血管から取り入れられる栄養分になります。

 

真皮層には毛細血管が多く張り巡らされています。

 

ですが、折角スキンケアグッズやお食事から栄養原材料を取り投入しても、血行が悪いと肌へと必要な栄養素は届きません。

 

だこらこそ、血行がよくなるマッサージをおこなうのです。

 

どれが欠けてもしわの改善には至りません

 

手がるに出来る容易なマッサージですので、3日に一度、活動的な有り様へと改善していきましょう!

TOPへ